小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもが名門幼稚園や小学校に合格した保護者に聞く、受験対策を始めた時期と学習塾の選び方

2021.02.05

慶應幼稚舎、早稲田実業学校初等部、白百合学園小学校、学習院初等科、青山学院初等部など、日本には多くの名門幼稚園・小学校がある。

受験には準備や対策が必要となるが、「いつから準備すべき?」「学習塾に通わせるべき?」といった疑問も出てくるだろう。

そこでAiQKIDSは一都三県在住の年収1,000万円以上で小学生以下の子どもがいる親を対象に「幼稚園・小学校受験」に関する調査を実施。

幼稚園・小学校受験を検討している保護者は、ぜひ参考にしてほしい。

幼稚園または小学校受験合格者の約6割が、2歳~4歳のうちから受験対策を開始

幼稚園または小学校受験をする子どもは〇割!志望園・志望校の決め手とは?

はじめに、どのくらいの家庭が幼稚園または小学校受験をしたのか、する予定なのかを聞いてみた。

「お子さんは幼稚園または小学校受験をしましたか?(する予定ですか?)」と質問したところ、『幼稚園受験をした(12.0%)』『小学校受験をした(17.2%)』『どちらも受験した(5.3%)』『これから受験する予定(9.9%)』『受験はしていない(する予定はない)(55.6%)』といった結果となった。

では、受験をしたご家庭では、志望園・志望校をどのように決めたのか?

そこで、「志望園・志望校はどのように決めましたか?(決める予定ですか?)」と質問したところ、『教育方針(一貫教育)(38.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『通いやすさ(21.4%)』『子どもの成績(15.3%)』『進学実績(11.9%)』『雰囲気(6.3%)』『内部進学の有無(5.4%)』『共学・別学(0.4%)』と続いた。

小・中・高校や大学といった付属の幼稚園や小学校のように、教育方針が一貫しているといったところに魅力を感じている方が多い。また、通いやすさや子どもの成績を見た上で受験先を決めている家庭も多いようだ。

志望園・志望校に合格した〇割が学習塾に通っている?

先ほどの調査で、約4割の方が幼稚園または小学校受験をしている(検討している)ことが分かったが、志望園・志望校に合格できた家庭はどのくらいいるのか?

「お子さんは志望園または志望校に合格することができましたか?」と質問したところ、9割以上の方が『はい(92.2%)』と回答した。

また、「受験をするにあたって学習塾に通わせましたか?(通わせる予定ですか?)」と質問したところ、7割以上の方が『通わせた(73.3%)』『通わせる予定である(3.6%)』と回答した。

さらに、志望園または志望校に合格した7割以上の方が『通わせた(74.7%)』と回答していることが分かった。

先輩パパ・ママが教える学習塾の選び方!

先ほどの調査で、幼稚園または小学校受験を志望している約3割の家庭が学習塾に通わせていたことが分かりましたが、どのような学習塾に通わせるべきか悩む方も多いだろう。そこで、塾選びにおいて重視したポイントについて聞いてみた。

「塾選びにおいて、重視した(している)ポイントを教えてください(上位5つ迄選択可)」と質問したところ、『学習カリキュラム(51.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『志望園・志望校別の受験対策ができるかどうか(37.2%)』『社会性・コミュニケーション能力が身につく(35.0%)』『講師の経歴・実績など(33.6%)』『合格実績(32.9%)』と続いた。

学習塾によって学習カリキュラムが異なるので、自分の子どもに合っているものや効率良く学習できる体制で勉強させたいものだ。さらに、志望園・志望校別の受験対策ができるかについても重視している。

「幼稚園・小学校受験」に関する調査
調査期間:2020年12月9日(水)~2020年12月11日(金)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,045人
調査対象:一都三県在住の年収1,000万円以上で小学生以下の子どもがいる親
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。