小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

結婚して10年以上の既婚者と結婚願望のある独身者1000人に聞いた理想と現実

2021.02.05

充実した幸せな人生を謳歌するために「理想の相手と結婚したい」という未婚男女は多い。それでは現在婚活中の人は、結婚相手にどのようなものを求めているのか。

今回パッションが30代~50代の「結婚して10年以上の既婚男女」と「結婚願望のある未婚男女」を対象に、「結婚の理想と現実」に関する調査を実施。

既婚者の結婚の“理想と現実”も合わせて紹介しよう。

【未婚男女に調査】結婚相手に求めるものと年齢の許容範囲とは?

まずは、結婚願望のある未婚の方に、結婚の理想について聞いてみた。「結婚相手に求めるものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『性格の良さ(79.0%)』という回答が最も多く、次いで『優しさ・包容力(68.2%)』『価値観の一致(59.5%)』『誠実さ(55.7%)』『人生観の一致(42.1%)』と続いた。

ともに人生を歩む相手には、外見よりも『性格の良さ』『優しさ・包容力』といった、内面を重視している人が多いようだ。

【未婚男女に調査】結婚したい理由と描いている結婚後の生活とは?

結婚相手に求めるもの、そして年齢の許容範囲が分かった。では、結婚願望のある方は、何のために結婚したいと思ってい流のか?

そこで、「何のために結婚したいですか?一番の理由を教えてください」と質問したところ、

『一緒にいたい(24.1%)』という回答が最も多く、次いで『人生を豊かにしたい(21.2%)』『子どもが欲しい(14.2%)』『良き理解者が欲しい(13.3%)』『将来の安定(11.9%)』『苦楽を共にする相手が欲しい(10.8%)』『親を喜ばせたい(3.6%)』『世間体(0.8%)』と続いた。

親や世間体は殆ど気にしておらず、素敵な相手と『一緒に過ごしたい』『自身の人生を豊かにしたい』という方が多いようだ。

【既婚男女に調査】結婚相手に求めたものとは?

ここまで、結婚願望のある未婚の方に、結婚相手や結婚生活に関して聞いた。

では、ここからは、既婚の方に、結婚前に抱いていた“理想”と結婚後の“現実”について見てみよう。

まず、「結婚相手に求めていたものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『性格の良さ(66.5%)』という回答が最も多く、次いで『優しさ・包容力(61.6%)』『誠実さ(45.2%)』『価値観の一致(43.8%)』『家庭的かどうか(28.7%)』と続いた。

既婚の方も、結婚前に相手に求めていたものは、『性格の良さ』『優しさ・包容力』など、外見よりも内面だったことが分かった。

【既婚男女に調査】結婚の決め手は何だった?

また「結婚した最大の理由を教えてください」と質問したところ、

『人柄に惚れた(37.7%)』という回答が最も多く、次いで『安定した生活を手に入れたかった(13.0%)』『良き理解者が欲しかった(12.8%)』『苦楽を共にする相手が欲しかった(12.0%)』『人生を豊かにしたかった(10.2%)』『子どもが欲しかった(5.4%)』『親を喜ばせたかった(3.4%)』『世間体を気にした(3.0%)』と続いた。

『人柄に惚れた』=『一緒にいたいと思った』ということでしょうから、未婚の方と同様、一緒にいたいことが一番の理由だったという方が多いようだ。

また、先の未婚の方への質問でも『お金に困らない』と回答した方が一定数いたように、『安定した生活』を理由に結婚した方も少なくないことが分かった。

【既婚男女に調査】パートナーの“許せるところ”と“許せないところ”

当然ながら、既婚者の方は素敵な相手と結ばれて、幸せいっぱいな結婚生活が始まった訳だが、そんな最愛のパートナーでも、いろいろと思うこともある。

良いところもあれば悪いところもあるのが人間だが、パートナーのどのようなところが許せて、どのようなところが許せないのか。

そこで、「パートナーの“許せるところ”を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『性格(44.2%)』という回答が最も多く、次いで『価値観(34.9%)』『仕事への姿勢(30.5%)』『金銭感覚(27.9%)』『年齢(26.9%)』と続いた。

【既婚男女に調査】結婚の理想と現実のギャップってどのくらい?

パートナーの“許せるところ”と“許せないところ”が分かる。“許せるところ”も“許せないところ”も『性格』がTOPという結果となりましたが、結婚の“理想と現実”には大きな差がある。

そこで、「結婚の“理想と現実”のギャップは大きいですか?」と質問したところ、『非常に大きい(20.1%)』『大きい(29.1%)』と、『ギャップが大きい』と回答した方と、『意外と小さい(31.5%)』『ギャップはほぼない(19.3%)』と、『ギャップは小さい』と回答した方がほぼ半数ずつという結果となった。

結婚の“理想と現実”にギャップが生まれる確率は「ほぼ2分の1」と言えそうだが、ギャップは小さければ小さいほど、極端に言えば、全くないのがベスト。そのためには、付き合いしている段階で、しっかりと相手のことを理解・把握することが、やはり非常に重要と言えそうだ。

「結婚の理想と現実」に関する調査
調査期間:2020年11月25日(水)~2020年11月26日(木)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,030人(既婚男女502人/未婚男女528人)
調査対象:30代~50代の①結婚して10年以上の既婚男女②結婚願望のある未婚男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。