人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

顔にフィットして呼吸しやすい!空気清浄機能を搭載したフィルター交換式シリコンマスク「AiRMAC」

2021.02.06

飛沫対策にマスクの着用は必須! だけど正しい着用の仕方をしていない人が多すぎ!?

STAY HOMEで不要不急な外出を控え続けている昨今ではありますが、会社の出勤日や食料の買い出しおよび外食をするためには、さすがにずうっと家の中に居続けるワケにも行かず、最低限の外出をせざるを得ないのが実情です。

そうなると、どこへ出かけるにしてもマスクの着用が必須です。しかしこれは、自ら排出される飛沫(ひまつ)をなるべく辺りに拡散させない、もしくは、ほかの人の飛沫から身を守るためにとっても大切な予防策です。

早く今回の件の特効薬が完成して、マスクをしなくても済む日が戻ってくるといいですね。

そういえば、不折布マスクを着用している人にありがちなのが、マスクと顔の間にスキマが空いていたり、鼻を出したりしていること。これじゃあ全く意味がありません(ニュースでも話題になりましたね)。

マスクを着用する際、マスクと顔とのスキマ無く、しっかりと密着性を保つことがタイヘン重要です。もしスキマが空いていると、せっかく性能の高いマスクを着用していたとしても、スキマからチリ、ホコリ、ウイルスなどがガンガン侵入してしまうのは否めません。ついでにメガネも曇ったりなんかして、ちょっと悲しくなります。

せっかくマスクをするならば、もっと清浄された空気を吸いた~い!

何とかマスクの着用方法を創意工夫してスキマを減らすことに成功したら、マスクを着用しながらでも、できれば外に居てもどこに居ても、おひとり様でもおふたり様でも、「空気清浄機」の様な機能で清浄された空気を吸い込みたいなぁ……とは、誰しもが思うことです。

ちなみに「空気清浄機」は、空気中に浮遊する塵埃や花粉、ハウスダスト等を除去するためのハイテク機器です。

空気清浄機は、19世紀初めの産業革命発祥時のイギリスから始まり、最近の調査では、世界の空気清浄機の普及率は約 23%くらい(最新の普及率は不明)。かなり普及してきていますね。

もはや無くてはならない空気清浄機ではありますが、なぜか空気清浄機能のあるマスクが世の中に存在せず、これまでは涙を飲むしかありませんでした。

しかしこの度、ついに! 「空気清浄機能のあるマスク」が満を持して登場しました! ヤッター! 

呼吸しやすいにもかかわらず、有害物質を遮断してくれる、スマートなマスクが新登場! 

Makuake/空気清浄機の研究から生まれた高性能フィルター付きマスク【AiRMACマスク】

AiRMAC MASK


※煙は撮影時の演出です。実際に息をスーハースーハーしても煙は出ません。

「AiRMAC」は、まるで空気清浄機のような、顔にジャストフィットして、しかも呼吸がとってもしやすいフィルター交換式のシリコンマスクです。

「AiRMAC」は飛沫対策に効果的で、「使い捨て無いマスク」もしくは「再利用可能(利用後は都度洗浄が必要)なマスク」なので、そういったモノが好き! ……な人には、選択肢の一つになるかと思います。

大きな特徴として「AiRMAC」は、「空気清浄機能」を持った、いわゆる「フィルター交換式」な再利用可能マスクであるということです。

な、なんだってー!

再利用可能! 空気清浄! 「AiRMAC」の驚くべき特色とは? 

「AiRMAC」の外見はここだけの話、シックなブラックであり、しかも撥水性のシリコン製です。

シリコン製のマスクは……。

〇防黴(ぼうばい)処理されていて誰でも使える!

〇密着性が高く、スキマが少ないので空気の漏れが少ない!

〇水洗いが可能で、手入れがしやすい!

……と、目をみはるような驚くべき注目点があります。ちなみに「防黴(ぼうばい)」とは、カビの増殖を防いだり、除去したりするようなことです。

「AiRMAC」は、水気も吸収しないので、ようするにカビが生えにくい処理がされているといっても過言ではありません。

また、顔にしっかりフィットする「AiRMAC」のマスクの両側には、呼吸をしやすくするエアバブルが付いており、呼吸がスムーズになります。

ざっと特徴をまとめると、以下の通りです。

〇防カビされたシリコン……身体に無害な防カビ処理。シリコン素材で製作。

〇ベタつきにくいマスク……顔面に接する部分を最小限にしたデザイン。肌にベタつきにくいシリコン素材。

〇呼吸しやすく熱がこもりにくいマスク……マスク内部の湿気を素早く排出し、呼吸しやすいエアバブル付き。

〇手軽く水洗いできるマスク……水洗いでカンタンに汚れが落ちる素材。

〇素早い乾燥……水洗いの後、素早く乾くシリコン素材のボディ。

〇有害物質フィルター付き……空気清浄機用の抗菌エアフィルター搭載。

筆者的には、エアフィルター付きなのは勿論(もちろん)として、水洗いしたらすぐ乾くことへヒジョーにシンパシーを持ちました。せっかく再利用可能なマスクがあったとしても、洗ったあと、乾くのに時間がかかりすぎてしまって、すぐに使えないんじゃあ、しょうがないですものね!

その結果、快適なマスク生活をおくれます。コチラが「AiRMAC」装着時の画像です。

「AiRMAC」はこんな感じで水洗いできます。バシャバシャ洗えるのが喜ばしいですね!

「AiRMAC」の両端に付いている高性能フィルターは、EPA(経済連携協定)11級……。ようするに高性能とのことです。いわゆる検査機関の検査に合格しています。フィルター交換サイクルは約28日です(使用環境により異なります)。

フィルターの交換方法も、とてもカンタンです。

このカンタンさなら、誰でも交換できますね! ありがとうございます!

裏地は抗菌仕様! いつでもキレイな口元を! (もちろん裏地も都度洗いましょう)

ちなみに、スタンダードパッケージには消耗品のフィルターが2個、抗菌裏地が1枚付いてきているので、入手したらすぐ使えます。ラッキー!

仕様
カラー:ホワイト ブラック クリア
サイズ:M/L/XL
ボディー(本体):シリコン
フィルター:空気清浄機用EPA11級のエアフィルター
裏地:ポリエステル
※セットカラー内容
本体クリア: 裏地ミント×ホワイトフィルターとストラップホワイト
本体ホワイト:裏地ミント×ホワイトフィルターとストラップホワイト
本体ブラック:裏地ブラック×ブラックフィルターとストラップブラック
保管用ポチはすべてブラック共通。

●マスク着用について御注意事項

※マスクは飛沫を完全に防ぐものではありません。
※初回購入後、一度洗うことをオススメします。
※乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
※高温多湿、直接日光が当たる場所での保管は避けてください。
※個人差によりメガネが曇る場合がございますので御注意ください。
※マスクを使用中、匂い等で気分が悪くなった場合には使用を中止してください。
※皮膚に異常がある場合や、異常が現れた場合はただちに使用を中止してください
。※酸性、アルカリ性洗浄剤で洗浄された場合、劣化の原因となりますので御注意ください。
※呼吸に異常のある方、御自身で本体の脱着をすることができない方は使用をしないでください。

……と、まあ細かい話はここまでとして、早速、フィットして呼吸しやすいフィルター交換式シリコンマスク「AiRMAC」を試用してみることと致しました。早速、開封の儀です!思わず期待で息がしたくなります。

フィルター交換式シリコンマスク「AiRMAC」を試用してみました!

今回試用する「AiRMAC」です。美しい化粧箱に感動のあまり、思わず清浄な空気を吸い込みそうになってしまいます。筆者の部屋は空気が淀んでいるので、はやく人間になりたい、もとい早くキレイな空気を吸いたい!

「AiRMAC」のフィルターは裏から取り付けます。外すときは外から外します。まあどちらからでも取り付け外しは可能といっちゃあ可能ですが。

想像以上にカンタンな組み立て方なので、慣れるまでさほど時間もかからないことでしょう。

抗菌裏地を取り付けたら準備オッケ~! 裏地も直感的に取り付け可能です。これを取り付けられない人がいたら会ってみたいです。会ったらありがとうと挨拶をします。

ワタシ……。キレイ……? 呼吸のしやすさも問題ありません。これで清浄化された空気を呼吸できるのですね!

実際の試用動画がコチラ! ▼

まるで空気清浄機! フィットして呼吸しやすいフィルター交換式シリコンマスク「AiRMAC」

まるで空気清浄機! フィットして呼吸しやすいフィルター交換式シリコンマスク「AiRMAC」。

今後も当面続きそうなマスク生活も、空気清浄機能付きマスクで何とか乗り切りましょう! 

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた! 」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました! 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。