小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

恋愛や結婚がうまくいくかいかないか、出会い方に関係はある?

2021.02.04

出会いによって「恋愛の結末」に違いはあるのか?

「出会いが欲しい」「結婚したい」と思っていても、“自然に出会いたい”からと婚活に踏み切れずにいる人は少なくない。

では、職場や学校などの“自然な出会い”とお見合いやマッチングアプリなどの“婚活による出会い”、ナンパや居酒屋などでの“遊び目的の出会い”など、出会い方によって恋愛の結末に違いはあるのか。

ネクストレベルは恋人や結婚相手を求める人が今後どのように出会いを探すべきか、方向性を決める手がかりを探った。

アンケート対象者:付き合った人数最多は6~10人

上記のグラフは、アンケートを行った394人の「これまで付き合った人数」。96%の男女が2人以上とお付き合いの経験があり、一番多かったのが6~10人(23.4%)、次に多かったのが3人(22.1%)だった。今回は、このような『平均的な恋愛』を経験してきた男女を対象としてアンケート調査を行った。

相手と出会った場所によって、恋愛の結末に違いはあるか?

出会い方が恋愛の結末に影響があるのかを知るため、“うまくいった恋愛”と“うまくいかなかった恋愛”の相手と出会ったきっかけをアンケートした。

うまくいった恋愛の50%は「職場や学校」での出会い

今までで一番うまくいった恋愛(または結婚)相手と出会った場所として一番多かったのは、「職場・バイト先・学校・塾など」の自然な出会いで49.7%だった。

次に多かったのが 「友人・知人の紹介」で16.5%、「マッチングアプリ・婚活サイト」 9.6%、「合コン・飲み会」 8.3%と続き、婚活による出会いも上位にランクインした。

おなじ自然な出会いの中でも「習い事・ジム」「社会人サークル」はそれぞれ3%未満、婚活でも「出会いバー・居酒屋」「クラブ」「結婚相談所」はそれぞれ1%以下となっており、自然な出会いと婚活による出会いとで大きな違いがないと言える結果になった。

うまくいかなかった恋愛も「職場・学校」での出会いが1番多い

うまくいかなかった恋愛相手と出会った場所で一番多かったのは、うまくいった恋愛と同じく「職場・バイト先・学校・塾など」で32.1%だった。

次に多かったのは「合コン・飲み会」で19.0%、「友人・知人の紹介」で15.9%、「マッチングアプリ・婚活サイト」で10.3%と続き、うまくいった恋愛と大きく変わらない結果となった。

これまでの2つのアンケート結果からは 『恋愛の結末に出会い方は関係ない』と言えそうだが、恋愛を実際に体験した本人たちはどう感じているのか。

恋愛がうまくいくか・いかないかに「出会い方は関係ない」が57.5%

恋愛の結末と出会い方に関係があると思うか尋ねたところ、「関係ある」と答えたのは17.7%で、半数以上の57.5%の人が「出会い方は関係ない」と回答した。

付き合う前から相手をよく知ることができるため、付き合った後のすれ違いが少ないという意見が多くあった。性格や価値観の不一致は、恋愛や結婚の破局の要因として上位に位置するものだ。

相手の性格や人間関係を知った上で付き合いを始める方が破局に繋がりにくい、という意見は一理あると言えるのかもしれない。

「ナンパで知り合ったが結婚した」や「うまくいった恋愛もいかなかった恋愛も出会い方は同じだった」など、実際の経験をもとにした意見が多くあった。

"付き合うまで本性が分からなかった"というのはよくある話。どのような出会い方であっても、付き合う前の段階で本性まで知ることは難しいと言えそうだ。

8割が婚活での出会いに好印象!出会いがない人は婚活の選択肢もあり

先のアンケートでは、“恋愛がうまくいった相手”も“恋愛がうまくいかなかった相手”も、婚活で出会った人が約28~35%存在していました。そこで婚活以外の場で恋愛相手と出会った人も含めて、「婚活での出会いをどう思うか」について尋ねてみた。

その結果、80%を超える人が「婚活での出会いもあり」と回答しました。なぜそう思うのか、具体的な意見についても聞いてみた。

「婚活も出会いの1つ」や「実際に結婚した例がある」などの意見が多く見られた。恋愛・結婚を意識して利用している人同士が出会えるので、自然な出会いよりも効率が良いという事実はあるようだ。

これから婚活を始めるなら利用者が多いマッチングアプリや婚活パーティー

婚活に限らずだが、出会いは確率。異性と知り合うことがなければ、恋愛に繋がる出会いに発展することはない。知り合う異性が多いほど、恋愛に発展する出会いとめぐりあう機会を増やすことができる。そのため婚活も、多くの人が利用する婚活の方が効率よく出会える可能性が上がる。

そういった意味では、今回のアンケートで多くの人が出会いのきっかけとしていた「マッチングアプリ・婚活サイト」や「婚活パーティー・街コン」から始めるのが、効率が良いと言える。

調査方法:インターネットアンケート
調査対象:20~45歳の恋愛経験ある男女
アンケート母数:計394名
実施日:2020年10月16日~2020年10月19日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:ネクストレベル

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。