小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5G対応モデルも選べる!1kgを切る軽さで持ち運びもラクなレノボ「ThinkPad X1 Nano」の実力

2021.02.04

ハイスペックな性能に加え、打鍵感の良いキーボードやLTEモジュールを搭載したモデルなど、ビジネスシーンにおいても使い勝手がよく人気のThinkPadシリーズ。

そんな人気シリーズ最軽量となる「ThinkPad X1 Nano」は、ただ軽いだけでなく、2Kの高画質ディスプレイや、5G通信に対応できるオプションまで選択できる、最先端のノートPCとのこと。

2021年版持ち運び用PCの基準ともなり得る高性能を搭載。実機をお借りできたので、数日間持ち運びながら使用してみました。

第11世代インテル搭載で1kg未満の「ThinkPad X1 Nano」

早速、ThinkPad X1 Nanoの実機レビューをお届けしていきます。2020年10月末に発表された最新のチップセット“第11世代インテル”を搭載しながら1kg未満の軽量ボディ。使い勝手抜群のノートPCです。

質量907g~の超軽量コンパクトボディで持ち運びに最適!?

ThinkPad X1 Nanoの大きな特徴が軽さとコンパクトさにあります。構成によって異なりますが、最軽量で約907g。13インチのディスプレイを搭載しながら約292.8×207.7×16.7mmとA4サイズにすっぽり収まるコンパクトさも魅力です。

ディスプレイは2K画質に対応したIPS液晶で16:10の縦横比率。ディスプレイ横のベゼルがかなり細く設計されているので、コンパクトな筐体ながらしっかりと表示領域を確保しています。

天板は黒とカーボンファイバーの2種類がありますが、現在は黒のみ。カーボンファイバーのほうではタッチ操作に対応するので、発売を待つのもありでしょう。

ディスプレイ上部には、オンライン会議で活躍するインカメラを搭載し、顔認証によるロック解除にも対応しています。ユーザーが席を離れた時にはログオフ、戻って顔を向けると自動でログインする機能も便利でした。

コンパクトで軽量なノートPCであることから、外出先やカフェなどで作業することも考えられます。ちょっとトイレに席を立った際などにも、中身を見られる心配がないのは嬉しいポイントでしょう。

オプションで5G通信にも対応!

持ち運び用ノートPCとして嬉しいのが、オプションでLTEモジュールを搭載できること。また、こちらは5G通信にも対応。5G選択時は追加で5万5000円が必要です。

2020年に始まった5G通信はまだまだエリアが限定的なイメージも強いですが、2021年にはどんどん拡大されていきます。外出先で動画や大量のファイルをやり取りする場合も、Wi-Fi環境を気にする必要がなくなるのはポイントでしょう。

第11世代インテル搭載の高性能

チップセットには、最新の第11世代インテルを搭載。Core i5かCore i7で選択可能になっています。

第10世代からCPU性能やグラフィック性能、AI処理性能が向上。特に体感できるのはグラフィックの部分で、動きの滑らかさが向上しています。

ThinkPad X1 Nanoは2K画質とかなり上等なディスプレイ性能を持っているので、動画編集といったシーンでも活躍できるでしょう。

メモリは8GB/16GBで選択可能。ストレージは256GB/512GB/1TBから選択できます。通常のビジネスシーンでの利用から、動画編集といった高度な作業までこなせる幅を持っているといえるでしょう。

インターフェースは左側面にイヤホンジャックとUSB Type-Cが2つ。右側は電源ボタンのみ

ThinkPadらしい打鍵感の良さも特徴

ThinkPadシリーズが長らく支持を集める要因の1つとして挙げられるのが、打鍵感の良い深めのキーボードにあります。

ノートPCは薄型化や軽量化を求めると、キーボードがカチャカチャと安っぽくなってしまう場合もあるのですが、ThinkPadシリーズにおいてその心配は無用。今回のThinkPad X1 Nanoにおいても、ここはしっかりと踏襲されています。

キーボードの中央に配置されている「トラックポイント」は、マウスの代わりにパソコン上の矢印を動かせるパーツ。特に外出先などでは、マウスを使用せずに似たような動作ができるので便利です。

2021年の働き方に適したモバイルノートPC

軽量でコンパクトなボディに最新の第11世代インテルを搭載。SIMカードを挿入してのデータ通信は5Gにも対応できるThinkPad X1 Nano。テレワークが多く取り入れられている昨今の情勢としては、貸しオフィスやカフェに持ち運んで作業するのにも適しているでしょう。

始まったばかりの2021年ですが、これから発売されるノートPCは1kgを切る携帯性や5G通信に対応することが期待されます。ThinkPad X1 Nanoは他製品へのハードルを高くする優秀なモバイルノートPCに仕上がっています。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。