小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラジオのパーソナリティーをやってほしい芸能人TOP3、3位新垣結衣、2位綾瀬はるか、1位は?

2021.02.01

移動時間やながら作業のお供として重宝されるラジオ。では、リスナーから見てラジオの魅力とはどんなところにあり、また、面白いと思う番組は何なのだろうか?

そんな「ラジオ」に関する意識調査がこのほど、株式会社テアトルアカデミーにより、ラジオを日常的に聴く全国の20代から40代の男女500名を対象にして実施された。

ラジオを聴くタイミング、1位は「車に乗っているとき」

スマホアプリでも聴けるようになったり、おうち時間が増えたりと、ラジオはより身近なものになっていると言える。日常的にラジオを聴いている人に対し、どのタイミングで聴くのか回答してもらった。

最も回答数が多かったのは「車に乗っている時(26.8%)」。続いて、「通勤・通学中(17.8%)」「寝る前(17.6%)」だった。年代別で見て見ると、20代の1位は「寝る前(22.9%)」、2位は「通勤・通学中(18.1%)」、「車に乗っている時」という回答は、14.5%。30代40代とは異なる結果となった。また、ラジオを聴きながら仕事しているという人も1割程度いた。

■3人に1人以上が「受験期」にラジオを最も頻繁に聴いていた

高校・大学に進学している人を対象に、ラジオを最も頻繁に聴いていた時期はいつなのか質問した。結果、「中学3年生(19.2%)」「高校3年生(13.0%)」「浪人時代(2.2%)」を合わせると、34.4%の人が、受験期と考えられる時期に最もラジオを聴いたいたことがわかった。

「大学生(21.0%)」という回答が最も多かったものの、約4年間であることを考えると、「中学3年生」「高校3年生」と回答した人の割合は高いと言える。

■告白された人数が多い人の方が、ラジオを聴く頻度が高い傾向

ラジオを聴く頻度と告白された人数に関係があるのか調べた。結果は、告白された経験のない人よりも、告白された人数が10人以上の人の方が、週4日以上ラジオを聴いている割合が高いことがわかった。顕著ではないが、その差は7ポイント。いわゆる“モテる”人の方が、ラジオを頻繁に聴いている割合が高いことが明らかになった。

ラジオの魅力74.4%が「聴きながら別のことができる」と回答

ラジオの魅力は何なのか質問(複数回答)したところ、7割以上が回答したのは「聴きながら別のことができる(71.4%)」、続いて「音楽を聴ける(46.6%)」だった。

「親近感を感じる(31.2%)」「知識を得られる(28.4%)」「癒し効果がある(28.2%)」「情報収集ができる(26.0%)」「有名人の別の一面を知ることができる(25.4%)」も3割ほどいた。日常的にラジオを聴いている人を対象としているためか、様々な魅力にそれぞれ一定の票が集まった。

■よく聴かれているのは「ラジオ専門パーソナリティ(35.4%)」「芸人(21.6%)」の番組

どのような人がパーソナリティを務めている番組を最もよく聴くか質問した。その結果、最も多かったのは「ラジオ専門のパーソナリティ(35.4%)」、次に多かったのは「お笑い芸人(21.6%)」「アーティスト(14.0%)」という結果だった。

それぞれ理由を聞いたところ、ラジオ専門のパーソナリティについては「内容の選び方がいい(福岡県・39歳女性)」「言葉がハッキリしていて、運転中でも聞き取りやすいから(京都府49歳男性)」、お笑い芸人は「トークが面白いから(福島県・31歳女性)」「愉快なエピソードばかり聞けるので楽しい(兵庫県・30歳男性)」、アーティストに対しては、「アーティストの音楽観を深く知ることができるから(東京都・27歳女性)」「ファンだから(神奈川県・21歳男性)」といった意見があがった。

■好きなラジオ番組1位は「オードリーのオールナイトニッポン」

数あるラジオ番組の中から好きな番組を回答してもらったところ、人気だったのは、「オードリーのオールナイトニッポン」。「ナイティナインのオールナイトニッポン」も2位にランクインし、1960年代から放送を開始した長寿番組「オールナイトニッポン」が支持された。

また、リスナーを「ゲスナー」と称し、タレントの一面を有吉へ密告するコーナーなどが印象的な「有吉弘行のSUNDAYNIGHTDREAMER」も上位にランクインした。次いで、人気な番組は「バナナマンのバナナムーンGOLD」「伊集院光深夜の馬鹿力」。お笑い芸人がパーソナリティを務める番組が多くの票を集める傾向にあった。

●1位:オードリーのオールナイトニッポン

「トークのボケと突っ込みの間合いが聴いていてここちよい(東京都・28歳男性)」
「オードリーのファンだから(北海道・35歳男性)」
「2人のファンだから。毎週の楽しみとして聞いている(東京都・37歳男性)」
「トークが面白いから(宮城県・24歳女性)」

●2位:ナイティナインのオールナイトニッポン

「岡村隆史さんが好きで20年近く毎週聴いているから(神奈川県・35歳男性)」
「様々な時事ネタをいろいろとズバッと話してくれて、聞いていて気持ちがよいから(愛知県・31歳女性)」

●2位:有吉弘行のSUNDAYNIGHTDREAMER

「リスナーが面白いから(愛知県・33歳男性)」
「トークとコーナーが面白いから(千葉県・39歳男性)」

●4位:バナナマンのバナナムーンGOLD

「面白いから(東京都・43歳女性)」
「バナナマンが好きだから(福岡県・23歳男性)」

●5位:伊集院光深夜の馬鹿力

「話が面白い。最近起こったことを独自の視点で笑いにしていて興味深い(埼玉県・44歳男性)」
「昔から聞いてる番組だから(神奈川県・39歳女性)」

また、ポッドキャストラジオ番組(Apple podcast)に限定して回答したもらったところ、「霜降り明星のオールナイトニッポン0」「宮下草薙の15分」などが支持されていた。

約3人に1人は、ラジオパーソナリティに憧れた経験がある!

今までにラジオパーソナリティに憧れた経験があるかを質問した。結果は「何度もある(10.8%)」「ある(19.2%)」を合わせて、3割の人は憧れた経験があることがわかった。憧れを抱いてラジオを聴いている人が少なからずいるようだ。

4割以上の人がラジオきっかけでCDを購入!20代は約3割

音楽と密接な関係があるラジオ。ラジオから楽曲に関する情報収集をしている人もいるはず。

そこでラジオがきっかけでCDを購入したことがあるかを質問した。結果は41.6%の人が“ある”と回答。半数は超えなかったものの、4割以上の人に購入経験があった。年代別で比べてみると、30代(49.1%)が最も多く、続いて40代(43.1%)、20代(32.5%)は最も購入経験が少ないということが判明した。

ラジオパーソナリティを務めてほしい芸能人ランキング

最後に、ラジオパーソナリティを務めてほしい芸能人を回答してもらった。その結果、1位は俳優として活躍しながら、バラエティ番組でもトーク力を発揮している大泉洋(25.4%)、男女問わず票を集め、2位と大きく差をつける結果となった。

続いて、2位に綾瀬はるか(8.4%)、3位に新垣結衣(6.6%)が、幅広い世代から支持を集め、映画やドラマ、バラエティで活躍し、ビジュアルだけでなく演技力の高さや声の印象なども、票を集めた要因としてあげられる。

【ラジオパーソナリティを務めてほしい芸能人ランキング】

1位:大泉洋(25.4%)
2位:綾瀬はるか(8.4%)
3位:新垣結衣(6.6%)
4位:中村倫也(5.4%)
5位:長澤まさみ(5.2%)

選んだ理由については以下のような意見が寄せられた。

●1位:大泉洋

「いろいろと、楽しいエピソードや、笑いを届けてくれそうだから(神奈川県・48歳男性)」
「トーク力抜群ですし、発想力も良さそう。大声で笑えそうな番組になりそうだから(広島県・44歳男性)」
「知識が豊富で、特に社会の勉強に役に立つと思うから(栃木県・36歳女性)」
「トーク力や幅広い知識があり、リスナーの投稿への対応も優れていそうだと感じたため(愛知県・38歳男性)」

●2位:綾瀬はるか

「天然で、面白そう意外な話が聞けそう(神奈川県・46歳女性)」
「なにかハプニングが起きそうでドキドキして楽しそう(兵庫県・49歳女性)」
「声が癒されるし2人の人柄も良いしプライベートな情報も知りたいから(東京都・37歳男性)」

●3位:新垣結衣

「声が綺麗なので癒される(東京都・35歳男性)」
「あまり自身の事を語っているのを見た事がないので興味がありました(山口県・36歳女性)」
「可愛くて好きだから(東京都・28歳男性)」

●4位:中村倫也

「プライベートをあまり知らないので聞いてみたい(東京都・46歳女性)」
「ゆったりとしつつ、ワードセンスのある話が面白そう(東京都・27歳女性)」
「声がよい(東京都・28歳男性)」

●5位:長澤まさみ

「言葉が聞き取りやすい(京都府・49歳男性)」
「好きな女優だし面白さも兼ね備えているから(沖縄県・28歳男性)」
「どんな展開になるのか想像できないから(埼玉県・43歳女性)」

<調査概要>
・調査テーマ:ラジオに関する調査
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象者:全国の20代から40代男女500名(ラジオを2週間に1回以上聴く)
・調査実施日:2020年12月8日~14日
・調査主体:株式会社テアトルアカデミー

出典元:株式会社テアトルアカデミー

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。