小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【菅 未里の誘惑文具】見たい時だけスライドして引き出せるKamiteriorのふせん「pull+push」

2021.02.04

■連載/文具ソムリエール菅 未里の「誘惑文具」

Q:貼ってスライドできるふせんを見かけました。あれはなんですか?

A:このご質問を拝見したとき、私は一瞬固まってしまいました。どういう意味なんだろう……?

そして1秒後、膝を打ちました。あれのことか!

そう、Kamiterior(カミテリア)のふせん、「pull+push(プルプシュ)」です。

繰り返しになりますが、これはふせんです。ただし、かなりユニークなので油断しないでください。

この商品は、小型のぽち袋のような紙ケースの中に、長方形のふせんが1枚入っている……という構造です。このケースは弱粘着なので、ノートなどに貼ることができます。

このふせん、ケース内からスライドさせて出すことはできますが、ストッパーがあるので完全に取り出すことはできません。ご質問にある「貼ってスライドできるふせん」とは、まさにこれのことでしょう。

しかしこの商品、いったい何のためにこんな構造になっているのでしょうか? 質問者さんも、そう疑問に思われたに違いありませんが、無理もないでしょう。パッケージを見ても使い方が不明です。

答えは、私にもよくわかりません。しかしメーカーHPの「そっと、隠して また、確認」というキャッチコピーを見る限り、パスワードの管理などを念頭に置いているのではないでしょうか。少なくとも私は、その使い方をお勧めします。Wifiのパスワードなど、覚えるのは無理だけれど他人に見られたくない文言をそっと確認するのにぴったりだからです。

このようにPCに貼ることもできますからね。

「ふせん」とは言うものの、ケースも中身もしっかりした厚紙ですので長持ちしそうです。自分を鼓舞する言葉を書いてノートや手帳に貼ってもいいですね。

久々のユニークな文房具ですが、そのぶん使い方はユーザーに委ねられているとも言えるでしょう。使いようによってはとても便利なアイテムです。

文/菅未里
構成/佐藤喬

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。