小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JFAとのパートナーシップでヘルステックを推進するフィリップスのスポーツヘルス事業戦略

2021.02.02

2021年1月21日、株式会社フィリップス・ジャパン(以下フィリップス)の「2021事業戦略/新製品発表会」が開催された。その模様をレポートする。

JFAと協業し、ヘルスケア施策を実施。地域の健康促進も目指す

フィリップスは「2030年までに25億の人々の生活を向上させる」ことを達成目標に掲げ、すべての人々のより良い健康と、満ち足りた生活の実現を目指している。

そのために、2020年より注力しているのが「スポーツヘルス」領域だ。今後は、JFA(公益財団法人日本サッカー協会)をビジネスパートナーとして迎え、タッグを組んでいくという。

当日は特別ゲストとして、JFA会長の田嶋幸三氏も登壇。「スポーツヘルス:JFAと2020年に激変した常識。これからの新常識を考える」をテーマに、両者連携によるサッカー/スポーツを通じた健康向上などについてトークセッションが実施された。

2021年以降は、アスリートのパフォーマンス向上、けが防止といったヘルスケア施策の実施を皮切りに、地域の健康促進に貢献する施策も展開していくという。

実施予定施策

1.アカデミー選手への口腔ケア施策

JFA アカデミー福島を対象とした口腔ケアの重要性に関する啓蒙/環境づくり、口腔ケア製品/管理ツールの導入、データ/エビデンス等に基づく指導方法の確立、他領域/地域への拡大

2.パフォーマンス向上に向けた睡眠施策

指導者への睡眠の重要性と睡眠の可視化に関する啓蒙、各選手へのコーチングにおけるパフォーマンス向上に向けた新しいコミュニケーション/行動変容の創出、各領域/地域への拡大

3.“健康データ“の確立と活用検討

JFA アカデミー福島の選手をはじめ、シンクタンク(データ集積拠点)におけるトレセン招 集選手等の健康データ一元化、および各種データを交えた有効施策の検討(共同研究含む)

4.地域住民への健康促進施策

JFA アカデミー福島をはじめ、JFAメディカルセンターとの連携による周辺地域へのシニア層も含めた住民健康促進活動の検討、および他地域への拡大

5.安心・安全なスタジアムの実現

JFA アカデミー福島/Jビレッジ等の周辺施設を対象とした、フィールド内外における最新ソリ ューション(AED/ポータブル超音波装置/マスク等)を活用した安心安全なスタジアムの検討

田嶋会長からのコメント

「JヴィレッジやJFAメディカルセンター(福島県)における選手の健康促進施策検討を皮切りに、JFA夢フィールド(千葉県)など各拠点と連携(データ等)をし、選手や指導者、サッカーファミリーの健康に資する施策を全国各地に展開していきたい。またフィリップスとの連携に期待したい」

3部門より、8種類の新製品登場

また、1月20日より、スリープ&レスピラトリーケア部門・コネクテッドケア部門・パーソナルヘルス部門の3部門から、8つの新商品が発表された。

スリープ&レスピラトリーケア部門

・「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド 2」
脳波を計測し、睡眠が深くなったタイミングで 500-2000Hzの断続的なオーディオトーンを流すことで、睡眠の質を高めるウェアラブル型ヘッドバンド。

・「SmartSleep スノア サイレンサー」
胴体にセンサーを装着して使用。あおむけと判断した際、本体を振動させることで自然に寝返りを促し、姿勢を正していびきを抑制する。

・「ブリーズマスク」新色サクラピンク
N95 フィルターにより、飛沫、PM2.5、細菌、ウィルス、花粉から保護してくれるマスク。電動ファンを搭載することで、いつでも新鮮な空気はマスク内を循環する。

コネクテッドケア部門

・HOME AED「ハートスタート HS1 Home」
家庭内でも設置しやすいコンパクトなサイズ(重さ1.5kg(バッテリー・パッド含む)、高さ7.2cm、奥行19cm、幅21cm)のAED。自動セルフテストや自動音声ガイダンス機能を兼ね備えており、緊急時に誰でも簡単に操作ができるよう、使いやすさを追求している。

パーソナルヘルス部門

【オーラルヘルスケアカテゴリー】

・「ソニッケアー プロテクトクリーン〈プラス〉 紫外線除菌器付」
ブラシヘッドに紫外線を当てることで、歯ブラシについた菌を10分間で99%除菌する電動歯ブラシ。「ソニッケアー 紫外線除菌器」単品も発売しているので、既にソニックケアーを使用している方も装着が可能だ。

【メンズグルーミングカテゴリー】

・「シェーバー S7000/ S5000 」
ヒゲの濃さや顔の輪郭を感知し、個性に合った最適なシェービングへとガイドする”SkinIQ”テクノロジーを搭載したシェーバー。

【ビューティカテゴリー 】

・「フィリップス ヘアドライヤー プレステージ」
1秒間に30回髪の温度を感知する技術”SenseIQ”により、ドライヤーの温度と風量を自動で最適化。髪本来の潤いを最大 95%キープするドライヤー。

取材・文/高橋まりな

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。