小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

資生堂プロフェッショナルがシャンプーによるヘアカラー後の褪色を抑える成分の組み合わせを発見

2021.02.03

資生堂プロフェッショナルはこのほど、特定のアスコルビン酸誘導体とカチオン界面活性剤の組み合わせがヘアカラーに対して優れた褪色抑制効果を有することを発見した。

この新知見により、従来の同社製品より色持ちが良く、染めた後の色をより長く楽しめるヘアカラー剤の開発が可能となり、今後発売される商品に採用していく予定だ。

近年、市場におけるサロンヘアカラーのニーズが多様化していく一方、依然多くの女性がヘアカラー後の褪色に悩んでいる。

資生堂プロフェッショナルが全国の10~20代女性674名を対象に独自の調査を行ったところ、「サロンヘアカラーに、仕上がりの次に何を求めるか」という質問に対し、半数以上の方が「色持ちの良さ」と答えている(図1)。

この褪色抑制のニーズに応えるべく、様々なアプローチで検討を重ねた結果、ヘアカラー後のシャンプーによる褪色を抑える成分の組み合わせを発見した。

(図1)資生堂プロフェッショナル、サロンヘアカラー調査結果

今回、ヘアカラーの褪色を抑制する成分について様々な検討を行った結果、特定のアスコルビン酸誘導体とカチオン界面活性剤を組み合わせて配合したヘアカラー剤は、未配合のものと比べてヘアカラー後のシャンプーによる褪色を抑制することを確認した(図2)。

(図2)褪色抑制効果の確認(色差計測値、毛髪外観像)

このアスコルビン酸誘導体は毛髪表面のアミノ基と化学的に結合する。一方、プラスの電荷を持つカチオン界面活性剤は、ヘアカラー使用によるダメージでマイナスに帯電したアニオン部分とイオン吸着することがわかっている。これら2つの働きの相乗効果により、毛髪表面に疎水性の被膜を形成するため、毛髪内で発色した酸化染料の流出を抑制しているものと考えられる(図3)。

本知見によって得られた技術を利用して優れた褪色抑制効果を有する色持ちの良いヘアカラー剤の開発が可能となった。本技術は今後、様々なヘアカラー製品に採用していく予定だ。

出典元:資生堂プロフェッショナル
https://www.shiseido-professional.com/ja_jp

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。