人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

旨味の強い味わいで後味スッキリ!鮮魚店sakana baccaが造った魚と相性がいいビール「サカナトエール」

2021.02.01

新型コロナウイルス感染症の流行により人の動きが制限されたことで、これまでお土産需要で成り立っていた企業が窮地に立たされている。

そんな中、フーディソンは「saakana bacca」にて魚に合うビール『サカナトエール』の販売をスタートした。麦から手づくりで地ビールを製造している石川県の農業法人「わくわく手づくりファーム川北」の商品の中から 魚に合うアンバーエールを選んでsakana bacca仕様にラベリングしたビールとなる。

魚と抜群に相性の良いビール『サカナトエール』


税込400円

手づくり麦芽の芳醇な香りとコクが、お刺身から煮つけまで新鮮な海の幸とよく合う。 旨味の強い味わいだが、後味がスッキリとしていて飲みやすい。『サカナトエール』に使用されている麦芽は、「わくわく手づくりファーム川北」と町内で収穫されたものが9割以上使用されている。

一般的なラガービールは生臭さが強まるので実はビールとお刺身の相性はあまりよくない。そこでちょっと雑味があり魚の生っぽさとマッチするアンバーエールをチョイス。色は濃いめのブラウンで注いだ時食卓のシズル感が増すのもポイントだ。

ネーミングは魚と一緒に食卓に並べてもらいたい、魚の隣にあるようなイメージを訴求する『サカナトエール(魚とエール)』という名前にしたという。

sakana baccaは都内に6店舗(中目黒、都立大学、中延、エキュート品川、二子玉川、五反田)を展開する魚屋。日本の豊かな「魚食」の文化を一般の方にも広く伝えたいという想いから、日本の風景から減りつつある街の魚屋をモダンにアップデートし、食べて美味しいだけではなく、魚を知り、体験できるお店作りを目指して、東京ではあまり流通していない魚種や高鮮度の鮮魚を産地や市場から仕入れている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。