人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅ワークに適した室温は?今すぐ実践したい集中できる空気環境の作り方

2021.02.03

リモートワークに適した室温とは?集中できる空気環境のつくり方

外出自粛で家にいる時間が増えた結果、エアコンの稼働時間が長くなった人は多いだろう。

今回、パナソニックは首都圏在住の男女551人を対象に、コロナ禍で過ごす冬の「エアコン」に関する調査を実施した。「暖房の稼働状況調査」では、在宅勤務が継続またお出かけを控え自宅で過ごす時間が多い状況の中、エアコンを持つ約半数の人が『できるだけ稼働させたくない』と回答していることが判明。

また「暖房活用時の気になること」については、『電気代』『乾燥』『足元が温まらない』が上位となった。 今回はパナソニックが紹介した「集中できる空気環境のつくり方」も見ていきたい。

「換気中もエアコンはつけっぱなし」が節電に!湿度を意識すれば、より暖め効率向上。

部屋全体を暖める「エアコン」は暖め効率のよい家電!

<ヒートポンプの仕組み> ※COP6.0のエアコンの場合の解説

エアコン、ファンヒーター、こたつ、床暖房など、寒い冬を過ごす上で必須アイテムである様々な暖房器具。「暖房活用時に気になること」の調査結果のトップに『電気代』があったが、暖房器具を使う際になにが一番節電につながるのか、気になるところ。

その中で、エアコンは部屋全体を暖め、部屋にいる皆を暖かくし、全身をやさしく暖めることができるという特長を持つ。またエアコンは、ヒートポンプ方式のため、熱効率がよく、大気中の熱も活用しながら電気エネルギーを何倍にも増幅して暖冷房熱を効率的に生み出すことができる。

例えば、お部屋を暖めるエネルギーを「6」生み出すにあたって、1の電力+5の大気熱=6の暖房熱エネルギーというように、大気中の熱も活用するので電気の消費量は1/6で済む。実は、エアコンは暖め効率のよい家電なのだ。

換気中もエアコンはつけっぱなしが節電へ!

さらに今年の冬に気になるのは、やはり「換気中」のエアコンとその時間の電気代。換気中にはエアコン暖房は無駄になるから消すべき、と考える人もいるかもしれませんが、温度を一定にキープしている時よりも、温度差がある状態の方が消費電力は大きいため、換気の時もエアコンはつけっぱなしにすることの方が節電につながる。換気とエアコン暖房を両立するための3つのポイントを紹介。

①  エアコンのスイッチを停止させない

運転/停止を行うと、消費電力(電気代)が上がってしまう。

②  換気回数を増やし、窓開け時間を短くし、こまめに換気する

一般的に、換気は「1時間に5分を2回」と言われていますが、冬場は部屋の温度の低下を防ぐために、「1時間に2~3分を4回」など、こまめに換気するのがおすすめ。

③   エアコンから遠い位置の窓を開ける

外の冷たい空気がエアコン本体に当たらないようにする。

湿度を上げると同じ温度でも暖かく快適に!暖房効率もUP!

より暖房効率をアップする方法として、「湿度を調整する」ことをおすすめする。

たとえ同じ温度でも、湿度や、直接当たる風によって体感温度は変化する。特に「湿度」の増減は体感温度に大きく影響し、気温が低くても湿度が高いと寒さを感じにくい。

冬は加湿、夏は除湿を行うと、設定温度1℃程度分の節約に。私たちが快適に感じる湿度は40~60%と言われている。一般的に、エアコンを使えば使うほど、部屋が乾燥してしまうので同時に加湿機を使うなどして部屋の湿度を上げれば、体感温度が高くなる。このように、設定温度を変えなくても、湿度コントロールをうまくすることで、心地よく過ごすことができる。

集中できる最適な空気環境は?集中するには「室温-1度」低めにコントロールが重要!

足元から暖めて集中力向上!

最近のエアコンは機能性の向上により、直接頭に温風があたらない構造になっている機種が多く、足元から部屋中に暖かさが広がるようになっている。もしそういった機種ではない場合も、暖気は上に上がる性質があるので、風向を下に向けて足元に風が来るようにすることで頭に温風が当たることを防ぎ、足元から暖めることができる。 

集中するには体温を下げるために「通常の設定温度から-1度」

PMV(温熱環境評価指数)

“さぁ、仕事しよう“と意識すると、実は体温が上昇(脳の血流がUP)するため暖房のしすぎは集中を妨げることも。集中できる環境を作るコツは、足元はきちんと暖めつつ、体感温度を下げるために室温を、通常設定している温度よりも「1度下げる」ことだ。

パナソニックと京都大学が共同で実施した実験結果によると、室温を1.5度下げた環境で集中力は10.8%上昇し、さらに3度下げた環境の方では11.3%上昇したという結果が出ている。

ただ、室温を3度下げると寒いと感じてしまう場合があるので、1~1.5度下げることでも十分効果があると言える。在宅勤務やリビング学習の時に意識することで、集中力のUPを期待できる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。