人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Windows PCのヘビーユーザーこそテレワークでChromebookを使うべき理由

2021.01.31

PCのOSといえば、長らくWindowsかMacが一般的でしたが、近年はグーグルが開発している「Chrome」という種類を搭載したモデルも多く登場しています。

家電量販店や各ECサイトでノートPCを確認したことがある人はご存じかもしれませんが、Chrome OSを搭載した“Chromebook”と呼ばれるノートPCは比較的安価な製品が多いという特徴があります。

実は筆者はWindowsのヘビーユーザー。何年もWindows PC一筋で利用していたのですが、1か月ほどChromebookを使用してかなり心を動かされています。

「安いノートPCは性能的に不安」という人も多いはず。では、Chromebookがなぜ安価なのか、ビジネスシーンでも活用できるのかについて紹介していきます。

Chromebookは何で安いの?

まずは、なぜChromebookが比較的安価に販売されているのか、その理由を紹介していきましょう。

Chromebookにハイスペックはいらない?

Chromebook、ないしChrome OSの大きな特徴が「データの管理や作業をクラウド上で行う」という点です。クラウドとはインターネット上にある仮想空間のようなもので、Chromebookは基本的にここですべての作業を実行します。

そのためノートPC本体に多くのデータを保存する必要がなく、高処理性能・大容量メモリが必須ではありません。

高水準なメモリやチップセットが必須ではないので、Chromebookは全体的に安価に製造できるというわけです。スペックだけで比べると上位のWindows PCには劣る製品でも、動きのスムーズさなどが必ずしも比例するわけではないということですね。

Chromebookってどんな製品

Chromebookが安い理由についてはご理解いただけたと思います。では、Windows PCやMacシリーズと比べてChromebookにはどのような特徴があるのでしょうか。

セットアップが超簡単!

Chromebookの特徴の1つが、セットアップが簡単に行えるという点です。基本的にGoogleアカウントを入力して初期設定を行い、すぐにGoogle関連のアプリが利用できます。

Chromebookを新しいものに変えた際には、以前使っていたGoogleアカウントでログインすれば以前の状態をすぐに復元できます。

Google Playストアからアプリをインストール

Chromebookでは、基本的にアプリのインストールは「Google Playストア」から行います。Androidスマートフォンを使用している人にはなじみ深いアプリストアですね。

そのため、スマートフォンと似たような操作が可能。同じGoogleアカウントでログインすれば、シームレスに同期できるアプリも多くあるので、スケジュール管理やメモの管理も簡単に行えます。

これまでPCとスマートフォンでデータのやり取りをする際には、コードを接続するのが一般的でしたが、Chromebookであれば、クラウドに保存するためデータの同期が簡単に行えます。

セキュリティ性能の高さでウイルス対策不要?

Chrome OSでは作業がクラウド上で行われるとお話しましたが、これはネット上に「サンドボックス」という隔離された環境を構築し、そこで作業しています。

そのため仮にウイルスが侵入する可能性のあるサイトを開いてしまっても、PC本体には影響することは少ないです。

いまPCをビジネス用に使用している人の多くは、情報漏洩を防ぐためにセキュリティソフトを購入してインストールしているのではないでしょうか。Chromebookであれば、そのひと手間もあまり必要ないでしょう。

ChromebookはWindows PCと同じように使える?

では、これまでWindows PCを使用していた人はChromebookで快適な作業を行えるのでしょうか。

Officeソフトは一部利用可能、代替案は?

Windows PCを使っている人の多くは、WordやExcelといったOfficeソフトを使用しているでしょう。Chromebookでは、Office関連の“アプリ”をインストールすることができます。

これは完全なOfficeソフトではなく、スマートフォンでも利用可能な簡易版。簡単な作業は行えますが、Excelのマクロ運用といった高度な作業は行えません。

利用可能とはいっても完全版ではないため、使い勝手に満足いかない人もいるかもしれません。そんな人たちには、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートといったサービスを利用するのがおすすめ。

これらは完全に無料で利用でき、Officeソフトと似たような使い方が可能になっています。

Chromebookってオフラインでも使えるの?

「データの管理や作業をクラウド上で行う」となると、気になるのはオフラインでの利用です。インターネットに接続していないと利用できないのでは? とも思いますが、実は“一部”オフラインでも利用できます。

例えば、GoogleドライブやGoogleキープといったアプリは、アクセス・編集が可能。Gmailも新しいメールの受信はできませんが、これまでに受信しているメールの確認ができます。

オフラインでGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを作成したり、Googleドライブに編集を加えると、それらのデータは一度PCに保存され、次にインターネットへ接続された際に更新されます。

安価に安定感のあるPCを選ぶならChromebookがおすすめ

比較的安価に購入可能なモデルが多いChromebookですが、Google Playストアにはアプリが豊富で、Google関連のアプリの使い勝手も良いです。

もちろんハイエンドPCのように4K動画をガンガン編集するといった使い方には向かないかもしれませんが、通常のビジネスシーンでの利用であれば十分活躍できるでしょう。

ハイスペックを必須としない動作性、Google関連のアプリの使い勝手など、Windowsと違う部分も多々ありますが、今後も使いたいと思える性能です。

セキュリティ面も安心できるので、テレワーク用の相棒としてChromebookを選んでみてはいかがでしょうか。

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。