人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

太閤殿下のお膝元を走る黄金色の車両、泉北高速鉄道「泉北ライナー」

2021.02.20

泉北高速鉄道の『泉北ライナー』

日本全国には、多くの個性豊かな列車が走っている。その魅力は車窓の美しさだけではない。 地元の方の温かい歓迎、各地の名産物を活かした食事、そして何より車両のたたずまい…。
〝いつか乗ってみたい〟列車、今回は泉北高速鉄道の『泉北ライナー』を紹介。

※この記事は、電子版DIME3.5月号内の特集「いつか乗りたい!全国の列車旅」からの抜粋です。編集部の確認ミスにより一部間違いがございましたので、2月8日にdマガジン・楽天マガジンの情報を更新しております。また『DIME デジタルポケットスケールPRO<セブン-イレブン・セブンネット限定>』特典で電子版を2月9日より前にダウンロードされている方、Amazonで発売された電子版を2月10日より前にダウンロードされている方は、恐れ入りますがデータの再ダウンロードをお願いいたします。

ハデハデでも、中身は真面目です

大阪圏のベッドタウンである泉北高速鉄道沿線と難波を直通し、より〝選ばれる沿線〟となるべく誕生。平日、土休日ともに通勤にレジャー、そして帰宅時に便利なダイヤ構成となっており、朝方と夕方〜夜間のみの運転となっている。

特殊な素材を使用して窓の部分まで覆い、車両全体が黄金に輝いている。色違いのリクライニングシートが並ぶ車内には、「プラズマクラスター」まで装備。空気に至るまで快適だ。車体が金ピカなら車内ももちろん金ピカ! といってもデッキの部分だけで、客室内は落ち着いた車内なのでご安心を。車体外の窓部分の金色は車内からは透けて見える素材でできているので車内も明るい。

泉北ライナー

デッキの部分がしっかり金ピカ。トイレ室内まで金ピカで、少し戸惑いを覚えてしまうだろう。

写真/村上悠太                                  文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。