小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

民間デジタル人材の8割以上が「行政のデジタル化に関連する仕事」に興味あり

2021.01.29

これまで身につけてきた“デジタル人材”としての確かなスキル。その高い技術力を「どうせだったら大きな案件で活かしたい」「社会貢献につながるような事業で発揮したい」と考えるビジネスパーソンは多いだろう。

そんな即戦力の民間デジタル人材の目に、行政のデジタル化に関連した仕事はどんなふうに映っているのだろうか?

そこでこのほど転職サイト「ビズリーチ」は、ビズリーチ会員(平均年収740万円、平均年齢39歳/2020年11月末時点)を対象に、行政のデジタル化に関連した仕事に対する興味についてアンケート調査を実施した。

84%が「行政のデジタル化」に関連する仕事に興味あり

その結果、84%の民間デジタル人材*1 が、行政のデジタル化に関連した仕事に興味があると回答した。

また、行政のデジタル化に向けた民間人材の活用に関する質問に対し、76%が、「民間人材を積極的に採用すべきだ」と回答し、民間人材ならではの視点や経験の活用、官民の枠を超えた人材交流の必要性に関する意見がみられた。

デジタル人材とは、「最先端のテクノロジー知識を用い、自社あるいは顧客に価値を提供できる人材」を指し、IT人材だけでなくプロデューサー、ビジネスデザイナーなど企画の立案や推進を行う人材も含む。

希望の雇用形態は「副業・兼業」が約3割、官公庁での仕事も「学びなおし」の機会に

行政のデジタル化に関連する仕事への携わり方に関する質問では、「官公庁への転職(正規職員など)」の希望が半数以上と、最も多い結果となった。一方で、「副業・兼業」の希望も約3割にのぼる。

以前実施した調査では、ビジネスプロフェッショナルの多くが、副業・兼業においては報酬よりも仕事内容を重視し、副業・兼業を学びなおしの機会と捉える傾向がみられた*2。そのため官公庁(中央省庁や地方自治体など)での仕事も同様に、自らの学びなおしの機会にしたいと考える民間デジタル人材が多いと推測される。

※次の質問は、行政のデジタル化に関連した仕事に興味があると回答した方が対象

行政のデジタル化に興味を持つ理由のトップは、「仕事を通じて社会貢献したいから」

行政のデジタル化に関連した仕事に興味がある理由としては、「仕事を通じて社会貢献したいから」が53.2%で最も多い回答となった。次に多かった回答は、「新たな経験やスキルを養い、仕事の幅を広げたいから」(52.8%)。

一方で、「報酬のため(安定した収入や、副業による収入アップ)」との回答は17%だった。この結果から、専門性の高い民間デジタル人材の多くが、報酬目的ではなく社会貢献のために、官公庁での仕事を通して、自身のスキルや経験を社会に還元したいと考えていることがうかがえる。

※次の質問は、行政のデジタル化に関連した仕事に興味があると回答した方が対象

76%が、行政のデジタル化に向けて「民間人材を積極的に採用すべきだ」と回答

その他、行政のデジタル化の実現に向けた、官公庁における民間人材の活用について、以下のような回答があった(自由回答から抜粋)。

・さまざまな業種から民間人材を登用し、多角的な視点でデジタル化を進めてほしい。
・積極的に民間人材を活用することで、スムーズで効果的な行政が実現できると思う。
・民間人ならではの利用者目線から、システムの大枠だけでなくサービス全体の構築ができる人材を活用できるといいと感じる。
・民間で行われているデジタル化、デジタル人材はもっと官民の枠を超えても良いと思う。
・官公庁から民間企業への出向も併せて進めていく必要があると感じます。

<調査概要>
調査名:行政のデジタル化に関連した仕事に対する意識アンケート
対象:ビズリーチ会員 調査期間:2020年11月23日~2020年11月29日 有効回答数:1,164
※各比率において、項目によっては端数処理の関係で合計が100%にならない場合がある。

*1 「あなたはご自身をデジタル人材であるとお考えですか?」という質問に対し、「そう思う」「どちらかといえば、そう思う」と回答した580人を指す。
*2 「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、働き方(副業・兼業)の変化に関するアンケート」より
対象:ビズリーチ会員 調査期間:2020年6月15日~2020年6月21日 回答数:1,700

出典元:株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.co.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。