小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会社を設立する時に避けては通れない「定款」とはどんな意味?

2021.02.01

会社を立ち上げたいと考えた時、まず必要になるのが設立手続。新たに会社を設立する場合、事業形態に合わせた申請や法定の手続きを経る必要がある。これらの申請や手続きの中には、複雑で専門性の高いものが多く、初めて会社を設立する人にとっては負担が大きい。

中でも、「定款」は会社法などの関係法令に基づいた内容が求められるため「作り方が分からない」という声も多い。そこで本記事では、定款の意義や内容、作成に関する基本的な事項をわかりやすく解説していく。

定款とは

定款とは、会社の組織、運営に関する基本的事項を定めた書面、または電磁的記録のこと。いわば会社のルールブックのようなものだ。会社には、株式会社や持分会社などいくつかの形態が存在するが、いずれの設立においても定款の作成は必須の要件。なお、個人事業主として活動する場合には、定款の作成は不要。

定款の目的

定款には、会社の「事業目的」を記載することが義務付けられている。事業目的には、その会社がどのような活動を行っているのかを明確にする趣旨があり、会社の活動指針ともいえる。

設立後の会社が複数の事業を行う可能性がある場合は、あらかじめそれらを事業目的として列挙しておくことが望ましい。一般的な記載方法としては、具体的な事業目的を定めた上で、最後に「前各号に附帯関連する一切の事業」と規定する。

定款の事業目的に違反するとどうなる?

会社が事業目的に違反する行為を行った場合であっても、刑事罰や行政罰を科されることはほとんどない。判例も営利法人の目的の範囲を緩やかに解することによって、取引の安全を重視する傾向にある。

ただし、取締役には定款の内容を遵守する義務があることから(会社法355条)、定款違反は監査役や株主による差止め請求の対象となっている(会社法385条、360条)。事業目的の決定にあたっては、「公正な会社運営」という点に留意したい。

定款の主な記載内容

定款の記載内容については、会社法が一定の基準を設けており、3つの項目に大別される。この基準に反する内容であった場合、定款が無効となってしまうので注意が必要だ。

・絶対的記載事項

「絶対的記載事項」とは、定款に必ず記載しなければならない事項。株式会社の定款においては、(1)事業の目的(2)商号(3)本店所在地(4)設立に際して出資される財産の価額又はその最低額(5)発起人の氏名又は名称及び住所がこれに当たる(会社法27条1号ないし5号)。

・相対的記載事項

「相対的記載事項」は、定款に記載しておかなければ効力が生じない事項のこと。絶対的記載事項とは異なり、必ずしも記載する必要はないが、会社の運営に関する重要な事項について定めてのが一般的だ。例としては、会社財産の形成に関わる変態設立事項(会社法28条各号)と呼ばれるものや、株式の譲渡を制限する旨などがある。

・任意的記載事項

「任意的記載事項」は、定款に記載するか否かが自由な事項のことをいう。本来、株主総会決議などで制定する規則に定めれば足りる事項を、"明確化"を図る目的で任意的記載事項として定款に記載することがある。事業年度や取締役の人数などが典型例だ。

定款に関する豆知識

ここでは、定款の手続に関する用語や豆知識を解説する。定款の作成には専門的な知識が必要となるため、行政書士や司法書士などの専門家に相談するとスムーズだろう。

定款の認証とは?

株式会社や一般社団法人などの設立時に作成される定款(原始定款)は、公証人によるチェックが義務付けられており、これを「定款の認証」という。

定款の認証は公証役場で行われ、委任状を作成することで発起人以外の第三者を代理人として立ち合わせることも可能だ。認証後は、定款の原本が2部作成され、公証役場と会社でそれぞれ保管する。なお、持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)の設立には定款の認証は不要だ。

会社成立後に定款の内容を変更する場合には、公証人による認証は不要で、株主総会の決議をもって行うことができる。変更内容を法務局で登記申請する場合は、株主総会議事録の提出が求められる。

定款の写しとは?

「定款の写し」とは文字通り、定款の原本をコピーしたもの。建設業をはじめ、各種許認可の申請や法務局での登記手続をする場合などに、提出書類として必要となる。一般的に、定款の写しに原本と相違ないことの証明(原本証明)を付して用いることが多い。

ネットで閲覧できる?

定款は登記事項証明書と異なり、株主や会社債権者といった利害関係人に限り閲覧請求ができる。そのため、ネット上から確認することはできない。株主や会社債権者は、会社の営業時間内であればいつでも本店または支店で閲覧が可能だ。また、費用を支払えば謄本の交付請求もすることができる。

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。