小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年、社内のペーパーレス化を推進した企業は7割以上、一方で「課題を感じる」経営者も7割以上

2021.01.28

効率化の観点から鑑みたら、社内業務は出来る限りペーパーレスにするべきだろう。しかしながら、ペーパーレス化に伴うシステム導入の時間とコストを考え、二の足を踏んでしまう企業もあるだろう。

そんな会社業務のペーパーレス化に関する意識調査がこのほど、ペーパーロジック株式会社により、東京に本社がある企業の経営層111名を対象にして実施された。

2020年、「社内のペーパーレス化を推進した」企業は75.7%

 「Q1.あなたの会社では、2020年に社内のペーパーレスの推進を実施しましたか。」(n=111)と質問したところ、「積極的に行った」が36.1%、「ある程度行った」が39.6%という結果になった。

導入したシステムとして、最も多かったものは「電子ワークフロー」で81.0%

Q1で「積極的に行った」「ある程度行った」と回答した方に、「Q2.あなたの会社で現在、ペーパーレス化を進めるシステムとして導入しているものがあれば教えてください。(複数回答)」(n=84)と質問したところ、「電子ワークフロー(稟議書・申請書など)」が81.0%、「勤怠管理システム」が64.3%、「経費精算システム」が57.1%という結果になった。

ペーパーレス推進の理由として、「テレワークを促進するため」や「SDGs推進の一環として」などの声

Q1で「積極的に行った」「ある程度行った」と回答した方に、「Q3.その理由を教えてください。(自由回答)」(n=81)と質問したところ、「新型コロナ禍でテレワークを促進するため」や「SDGs推進の一環として」など81の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

・54歳:検索性の向上のため。
・65歳:事務の効率化、残業時間の短縮などにも効果があるから。
・58歳:新型コロナ禍でテレワークを促進するため。
・55歳:紙ゴミが増え続けているので、電子データで提案、周知できるものはプリントアウトしない方向に決めたから。
・63歳:世の中の趨勢。
・60歳:SDGs推進の一環として。

2020年ペーパーレス化推進企業、2021年の動向は?

Q1で「積極的に行った」「ある程度行った」と回答した方に、「Q4.あなたの会社では、さらなるペーパーレスの推進のために、2021年度にペーパーレス化システム導入のための予算配分を予定/検討していますか。」(n=84)と質問したところ、「予定している」が27.4%、「検討している」が33.3%という結果になった。

一方で2020年未推進企業の34.8%も、「2021年度にペーパーレス化推進システム導入を検討」と回答

Q1で「あまり行っていない」「一切行っていない」と回答した方に、「Q5.あなたの会社では、ペーパーレスの推進のために、2021年度にペーパーレス化システム導入のための予算配分を予定/検討していますか。」(n=23)と質問したところ、「予定している」はないものの、「検討している」が34.8%という結果になった。

「社内のペーパーレス化に課題を感じる」経営者は73.9%

 「Q6.あなたの会社では、現在社内におけるペーパーレスは課題になっていると感じますか。」(n=111)と質問したところ、「非常に感じる」が33.4%、「少し感じる」が40.5%という結果になった。

課題を感じる場面、「紙により無駄なコストがかかっている」が59.8%

Q6で「非常に感じる」「少し感じる」と回答した方に、「Q7.どのような場面で社内のペーパーレスが課題になっていると感じますか。(複数回答)」(n=82)と質問したところ、「紙により無駄なコストがかかっている」が59.8%、「紙により業務が非効率になっている」が58.5%、「テレワーク実施が最適にできていない」が41.5%という結果になった。

■まとめ
今回の調査では、コロナ禍で加速するペーパーレス化の流れに伴い、東京に本社がある企業の経営層を対象に、ペーパーレス化の実態調査を行った。

結果として、2020年に「社内のペーパーレス化を推進した企業」は75.7%存在し、中でも「電子ワークフロー」や「勤怠管理システム」、「経費精算システム」などの分野で電子化が多く進められていることが明らかになった。

ペーパーレス化推進の理由としては、「新型コロナ禍でテレワークを促進するため」や「残業時間の短縮などにも効果があるから」などに加え、「SDGs推進の一環として」などの声が挙げられた。

さらに、2021年度では、2021年度に「ペーパーレス化推進システム導入のための予算配分を予定/検討している企業」は全体の半数を超え、2020年度の前回調査と比較して、システム導入のための予算配分を予定/検討する企業が19.1%上昇するなど、2021年以降も多くの企業がペーパーレス化推進に予算を投下し、その数は年々増えていることがわかる。

<調査概要>
調査概要:ペーパーレス化に伴う2021年度予算に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年1月5日~2021年1月12日
有効回答:東京に本社がある企業の経営層111名

出典元:ペーパーロジック株式会社
https://paperlogic.co.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。