人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

景気が急回復?インド株が過去最高値を更新し続ける理由

2021.01.28

ついに日本でも、2月から新型コロナウイルスワクチンの接種が開始される見通しだ。同じアジアのインドでは既に接種が開始され、それに伴い景気が回復傾向にあるという。

そんな、インドにおけるワクチン普及と好況についてまとめた三井住友DSアセットマネジメントのマーケットレポートがこのほど発行されたので、以下にて紹介していく。

SENSEX指数は過去最高値更新が続く

インド株式市場は今年1月に入ってからも、過去最高値を更新する展開が続いている。代表的な株価指数のSENSEX指数は、月初から最高値を連日で更新し、1月14日には49,584ポイントと、節目の50,000ポイントに迫った。

新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済正常化への見通しから、企業収益の成長期待が高まっており、投資マネーが株式へ流入している。グローバルなリスク選好相場が継続しているなか、海外投資家によるインド株への買い越し額は拡大している。

新規感染者の減少につれてインド景気は急回復

インドの景気が急速に回復している。12月の総合PMI(製造業とサービス業をあわせた景況感)は54.9と、9月以降4カ月連続で50超えが続いている。インド経済は昨年10-12月期に比較的速いペースで回復していたと判断される。

政府がコロナ感染抑制より経済活動を優先していることや、新規感染者数がピークアウトしていること、コロナ感染者の死亡率が低いことが背景にあると考えられる。

景気回復期待で堅調な地合いが続く

インド政府は16日、新型コロナのワクチン接種を開始した。人口が13億にのぼるインドで、政府は、夏までに3億人に接種する計画だ。

コロナワクチンの普及による景気回復期待を背景に、インド株式市場は堅調な地合いが続くとみられる。株価バリュエーションにはやや割高感が出ているものの、企業業績見通しの改善も明確になっており、投資家のリスク選好意欲が強まるなか、海外投資家からの資金流入が続きそうだ。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。