人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワタミ、すかいらーくHD、緊急事態宣言再発令で外食産業の業態転換が加速

2021.01.26

コロナ禍で苦境に立たされる外食産業。この度の緊急事態宣言再発令によって、さらに厳しい状況に追い込まれたのは言うまでもない。生き残るためには、何らかの業態転換もやむなしといったところか。

そんな「緊急事態宣言下の外食産業」に関するマーケットレポートがこのほど、三井住友DSアセットマネジメントにより発行された。

『外食産業』は新型コロナの感染拡大の影響大

昨年1月に発生した新型コロナの感染拡大を抑制するため、政府から外出自粛や在宅勤務の拡大の要請を受けて、消費者は外食を削減し、テイクアウトや宅配へシフトした。

また、外食する場合には食べたいものをあらかじめ決めての目的来店が増加した。『外食産業』はこうした消費行動の変化の影響を受け売り上げは減少した。業態別では明暗が分かれ特化型の焼き肉や回転ずしなどは、相対的に好調な一方、団体顧客への依存が大きい居酒屋や総合型のファミリーレストランなどは苦戦した。

こうした中、政府は新型コロナの感染再拡大を契機に、今年1月7日に1都3県を対象に再度緊急事態宣言を発令、13日には7府県を追加した。

『外食産業』は、これまでも居酒屋から焼き肉店などへの業態転換やテイクアウト、宅配などへ業態転換を進めてたが、今回の件はその動きを加速しそうだ。

居酒屋などの業態転換が加速

居酒屋業態は忘年会や新年会などが減少し厳しい状況にある。また、緊急事態宣言の再発令を受け、居酒屋業態の一部店舗を休業すると同時に業態転換を加速している。

居酒屋大手のワタミは直営の居酒屋業態の一部を休業する一方で、居酒屋全店の3割にあたる約120店を「焼肉の和民」に切り替えるなど業態転換を進める。

すかいらーくHDは、21年末までに不採算店を中心に一部店舗の閉店を決めた一方、ファミリーレストラン内に併設した唐揚げ店を2021年春までに現在の3倍の約1,100店に増やし持ち帰り需要を取り込む。

業態転換が今後の成長や業績改善につながることを期待

今回の業績悪化は新型コロナの感染拡大という特殊要因によるものだが、新型コロナが収束しても、在宅勤務の定着などにより新型コロナ前に完全に戻るのも難しい状況にある。

業態転換は簡単ではないが、今回のコロナ禍を契機に各社は業態転換などへの取り組みを加速させている。各社の取り組みが今後の成長や業績改善につながり、消費者は多様でより利便性の高いサービスを享受できるようになることが期待される。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。