人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

利用者の満足度の高いWeb会議ツールランキングTOP3、3位Microsoft Teams、2位Google Meet、1位は?

2021.01.25

コロナ禍を契機に爆発的に普及したWeb会議ツール。中でも、特に多くのユーザーから高く評価されるツールとは、いったい何なのだろうか?

そこでこのほど、株式会社oricon MEが実施した「Web会議ツール」に関する満足度調査の結果を、併せて行われた「ビジネスチャットツール」の満足度調査の結果とともに紹介していきたい。

初となる「Web会議ツール」の満足度調査、「Zoom Meetings」が総合1位に

今回、初となる「Web会議ツール」の満足度調査。「Zoom Meetings」が総合1位となった。全5つの評価項目別ランキングのうち、「ツールの使いやすさ」「音声・ビデオ機能の充実さ」「カスタマイズ設定のわかりやすさ」で1位を獲得した。

「使い勝手がよく、比較的年齢の高い人にも参加して頂けた。細かい画面割りが設定出来たのもありがたかった(40代・女性)」「操作がシンプルですぐに導入できた。その他の機能もわかりやすく、数回使えばある程度の機能が使えるようになり重宝しています。画像や音声も安定しておりストレスなく使用している(30代・男性)」「録画機能とチャット機能によって、あとで会議内容を確認することができた点(60代・女性)」など、使い勝手の良さと機能の充実性を評価している声が見受けられた。

また「Zoom Meetings」は、利用シーン別「グローバル会議」「商談」「セミナー・勉強会」でも1位となった。

「グローバル会議」については「100人以上で会議をしても問題なし。また海外から参加も可能でした(50代・男性)」、「商談」については「相手の顔が全体的にみられるところが良かった。また、名前の表示もありがたい(20代・女性)」、「セミナー・勉強会」については「大学のオンライン授業のために利用を始めたが、こういった形でも授業が受けられることに感動した(10代・女性)」という声が見られた。

■オンライン飲み会部門1位は「Microsoft Teams」

新型コロナウイルスの影響により、外出自粛や飲食店の営業時間短縮を余儀なくされたなか話題となった“オンライン飲み会”。利用シーン別「オンライン飲み会」で1位となったのは「Microsoft Teams」。2位は「Zoom Meetings」、3位は「Skype」となっている。

初となる「ビジネスチャットツール」の満足度調査、「Slack」が総合1位に

こちらも今回、初となる「ビジネスチャットツール」の満足度調査。「Slack」が総合1位となった。また、全4つの評価項目別ランキングのうち、「ツールの使いやすさ」「チャット機能の充実さ」で1位を獲得した。

「Slack」については、「既読やお礼など簡単な応答であればスタンプで代用できるなど、スムーズかつ無駄のないレスポンスができて、とても便利なツールだと感じました(40代・女性)」「チャットするグループ設定ができて特定の人と素早く情報交換できた(40代・女性)」「データ管理がグループ間で一括してやりやすい。個別チャットにもすぐ移行できるので便利(10代・男性)」「初めて画面を目にした人でもわかるようなUI(ユーザーインターフェース)なので、安心感があった(20代・女性)」など、使いやすさや機能を評価するコメントが見られた。

導入決定・管理ユーザーが選ぶ、「Web会議ツール」「ビジネスチャットツール」ランキング

ツールの選定関与や導入決定、管理を行っている人を対象にしたランキング も発表。Web会議ツールランキング1位は「Microsoft Teams」、ビジネスチャットツールランキングの1位は「Slack」となった。

「Microsoft Teams」の良かった点として、「Microsoft製品ということで、信頼性も高い(50代・男性)」「思った以上にコストパフォーマンスに優れていた(60代・男性)」「料金プラン設定も分かりやすかった(40代・女性)」「セキュリティ対策のわかりやすさ(安心・安全でわかりやすい内容であるか)(50代・男性)」など、担当者視点の評価の声が見受けられた。

「Slack」には、「ランニングコストが低い。セキュリティ面でも問題が起きていない。通信障害なども特に起きない。メッセージ機能やチャット機能が使いやすい(20代・男性)」「ランニングコストに対する納得感(50代・男性)」「セキュリティーチェックがしっかりしている(30代・男性)」などの声が。また、「操作がわかりやすい。あまりパソコンが得意でない同僚にも問題なく使えた(20代・男性)」「企画ごとにチャンネルをつくって素早く移動でき、ログを読むことができるので人が異動したときにも説明がいらず進行が共有できる(10代・女性)」など、現場スタッフの使いやすさにも配慮した意見も見受けられた。

出典元:株式会社oricon ME

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。