人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これは面白い!ロボットアームがイラスト、文字、写真を全自動で遠隔描写する新感覚ホワイトボード「Joto」

2021.01.23

きびだんごは、ホワイトボードを遠隔操作するコミュニケーションツール「Joto」のプロジェクトを、同社が運営するクラウドファンディングサービス「Kibidango」にて開始した。プロジェクトは3月11日23:59までで、1月17日現在、39,980円(送料・税込)~支援受付中。

「Joto」は、ロボットアームが指定のイラストや文字、写真などを全自動で遠隔描写してくれるホワイトボード。

専用アプリと連動させることアームが作動し、描写を始める。もちろん描くだけでなく、ホワイトボードのクリーニング作業もオートマチックで行うことができる。

また、イギリスを中心としたアーティストのイラストを配信するJoto専用のサービス「365 Days of Art」も利用可能。ギャラリーページから有料の作品をダウンロードすることができ、部屋の雰囲気や気分に合わせたアートを楽しめる。さらに、フリーコンテンツも充実しており、世界中のユーザーにより日々新たな作品が追加されていく。

一風変わった店内ディスプレイや、リモート会議での和み活用、会えなくなった大切な方々との手描きならではのやり取りなど、アイデア次第で多彩な用途がある新感覚のエンターテイメントコミュニケーションツールだ。

<製品概要>

寸法:393mmx 472mm x 88mm
重量:3kg
インクの色:黒
ワイヤレス:802.11b / g / n
入力:Wifi接続/ USB-Bマイクロシリアル
アプリ:Apple iOS / Google Android
電源:63W USB-C
生産国:中国
保証:1年(初期不良は7日以内)

製品情報
http://kibi.co/joto_re

構成/こじへい

※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。(編集部)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。