小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真冬のこの時期に窓を開けて換気する時、エアコンはつけっ放しでもいいってホント?

2021.01.25

今年の冬はとにかく寒い。できれば、部屋の窓をすべて閉め切ったまま、四六時中、暖房をガンガン稼働させたいところだ。しかし、新しい生活様式下ではなかなかそういうわけにもいかず、定期的な換気が必要だ。

冬に窓開け換気をすると、屋外の冷たい空気が入り、エアコンの電気代や部屋の温度と湿度の低下が気になるという人も多いはず。

そこでダイキン工業では、全国的に冬の寒さが本格化するなか「冬に窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」をテーマに、マンションの広めのリビングを使った実生活空間で、2つの調査をした。

1つ目に、窓開け換気に合わせてエアコンの電源を小まめにオン・オフした場合とつけっぱなしにした場合ではどちらの消費電力量が少ないのか、2つ目に、窓開け換気時の加湿の有無が、室内の湿度にどれほどの影響を与えるのかについて調査し結果をまとめた。

※本調査は、1つの住宅を使用し、天気や気温などの条件が近い複数の日に実施したもの。そのため、厳密な同条件での比較ではない。調査結果はあくまで今回の条件に基づくものであり、住宅やエアコン、気候によって結果は変わる。

冬に窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうするべきか

冬の朝から夜の時間帯(7:00~23:00)、30分に1回、5分間の窓開け換気をした場合、換気時にエアコンの電源を小まめにオン・オフした時の消費電力量は4.02kWh、エアコンをつけっぱなしにした時の消費電力量は3.48kWhで、窓開け換気時にエアコンをつけっぱなしにした方が消費電力量は少なくなった。

電気代に換算すると1日で約14.5円下がったことになる。室内の温度の推移を見ても、エアコンをつけっぱなしにした方が暖かく、窓開け換気をしても快適に過ごせそうだ。

冬の朝から夜の時間帯(7:00~23:00)、30分に1回、5分間の窓開け換気をした場合(エアコンはつけっぱなし)、「加湿なし」では湿度30%台が続くのに対して、「加湿あり」では全時間帯を通じて冬の室内湿度として推奨されている40%以上を概ね保つことができた。

窓開け換気をしているときに、加湿器や加湿空気清浄機を使うことで、乾燥対策に効果があるといえそうだ。

また、加湿しながら暖房すると、体感的に暖かく感じられるため、加湿なしで暖房するときより低い設定温度でも快適に過ごすことができる。寒くならない程度に設定温度を下げれば、冬でも省エネにつなげることができる(設定温度を1℃下げると約10%の節電になる)。

ダイキンからのアドバイス……コロナ禍の冬は“換気+エアコンつけっぱなし+加湿”が正解!

コロナ禍の冬、寒いなかでも定期的な窓開け換気が必要。しかし、窓開け換気をすれば屋外の冷たく乾いた空気が流入(室内の熱や湿気が屋外に流出)するため、室温を保とうとするエアコンの負荷が増加するだけでなく、空気の乾燥も避けられない。

そこで大切になるのが窓開け換気の際にできるだけエアコンに負荷をかけない工夫と、湿度を保つための加湿。

今回の調査では、換気をするたびにエアコンの電源をオフにするよりも、つけっぱなしにした方が電気代は1日で約14.5円低く、室温は快適に維持することができた。さらに加湿をすることで、湿度は目安とされている40%以上を概ね保つことができた。

コロナ禍の冬は、”換気+エアコンつけっぱなし+加湿”が正解といえそうだ。夏同様にこの冬も定期的な室内の換気が求められている。健康で快適に過ごすために、上手に換気と加湿をしながら適切にエアコンを使おう。

<調査環境>

出典元:ダイキン工業株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。