人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

期待が高まる新型コロナの国産ワクチン開発

2021.01.28

今後、国内企業の治験が進み『国産ワクチン』という選択肢は加わるか?

新型コロナの感染が世界各地で再拡大、国内でも首都圏中心に感染が拡大し、緊急事態宣言が再発令される状況にある。そうした中、昨年12月から米ファイザーの『ワクチン』が英国、米国などでの接種が始まり、感染収束の切り札として期待が高まっている。

そんな中、三井住友DSアセットマネジメントはマーケットレポート「日本のコロナ『ワクチン』開発進展に期待」を発表した。各国のコロナワクチンの開発状況とは?

欧米などで『ワクチン』接種開始

ファイザーの『ワクチン』が英国で緊急使用許可を得て、12月8日に英国で接種が始まり、米モデルナ、英アストラゼネカの『ワクチン』も接種が始まった。

日本政府は2021年前半までに国民全員分の『ワクチン』を確保する目標を掲げているが、世界各国間で『ワクチン』の獲得競争が激化している。欧米の企業にはやや遅れましたが、国内企業もアンジェスに次いで塩野義製薬も治験を始めている。このほか、第一三共なども『ワクチン』開発を進めた。

国内企業も治験開始

アンジェスは12月8日、開発中のウイルスの遺伝情報の一部を体内に送り込み抗体を作る「DNAワクチン」について、投与対象を増やした治験を開始したと発表した。500人の健康な成人を対象に8施設で実施し、最終段階の治験は21年以降に国内外で合計数万人規模で行う見通しだ。

塩野義製薬は12月16日、開発中の新型コロナの『ワクチン』について、国内で治験を開始したと発表した。21年末までに生産能力を年間3,000万人分以上にする計画だ。開発するのは「組み換えタンパクワクチン」で『ワクチン』はウイルスの遺伝子情報を基に昆虫細胞を使って作り、製造期間は8週間程度と短くなる。

国内企業の『ワクチン』の治験進展に期待

『ワクチン』は先行した欧米の3社でも治験数が十分といえず、東京五輪を控え国内では『ワクチン』への期待と不安が交錯している状況にある。政府の要請によりファイザーの『ワクチン』は、2月下旬接種開始に日程が前倒しされたが、世界での獲得競争は激化。

新型コロナ収束に向け安定した供給体制を確立する上で、国内企業の治験が進み国産の『ワクチン』という選択肢が加わることが期待される。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。