人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「怖いな」「苦手だな」と思うクルマの運転シーンTOP3、3位霧の中の運転、2位夜の運転、1位は?

2021.01.30

安全対策として「ドライブレコーダー」設置率は未だ半数

高齢者運転の事故やコロナ禍による視力低下による運転不安がある中で、もし事故にあってしまった場合を考慮しても「ドライブレコーダー」の必要性は高い。では、ドライブレコーダーを設置しない理由とは何か?今回はTS TRADEの「コロナ禍における運転の苦手意識調査」結果を見てみよう。

まず、TS TRADEが昨年の10月に500人に対して「ここ1ヶ月で運転をしていますか?」という質問に対して「はい、している」が43.6%(218人)、「たまにしている」が15.8%(79人)、「いいえ、していません」が40.6%(203人)という結果となった。

合わせて59.4%(297人)、約6割の方に対して、コロナ禍において「「怖いな」「苦手だな」と思う運転すべてを選択ください」と質問したところ1位が「雨の中の運転」が68.7%(204人)、2位が「夜の運転」で52.5%(156人)、3位が「霧の中の運転」で47.1%(140人)という結果に。

運転が怖い理由はコロナが影響か?

続けて、運転していると回答した297人に対して「『怖いな』『苦手だな』と思う理由は何でしょうか」と質問したところ、1位が「高齢者の事故が多い」で31.0%(92人)、2位が「視力が落ちた(スマホが原因)」で24.6%(73人)、3位が「運転が得意ではない」で22.9%(68人)、4位が「視力が落ちた(パソコンが原因)」で22.2%(66人)という結果となった。

よく話題になる「高齢者の事故」が1位だが、「視力が落ちた」という理由が2位、4位と上位を占め、合わせると46.8%と約半数が「視力の低下」を理由に挙げる結果に。この点は、コロナ禍におけるテレワークの推進によりパソコンの接触時間の増加、在宅でのスマートフォン接触時間の増加が大きく影響を及ぼしている可能性が考えられる。

ドライブレコーダーの設置率は未だに約5割

引き続き運転していると回答した297人から、車を普段所有していない13人を引いた284人に対して「いざ何かあった時のために記録に残すドライブレコーダーがあります。設置されてますでしょうか?」という質問をすると「はい、設置しています」と答えた人が51.8%(147人)、「いいえ、設置していません」と答えた人が48.2%(137人)という結果となった。

2020年6月30日に施行された妨害運転罪により、危険運転に対する刑がより厳しくなった中でもドライブレコーダーの設置率は約半数という状況のようだ。

続けて「いいえ、設置していません」と答えた137人に対して「その理由を教えて下さい」と質問したところ1位が「金銭的理由」で39.4%(54人)、2位が「製品がありすぎてわからない」で27.7%(38人)、3位に「車を買い替えるタイミングで購入したいから」で22.6%(31人)という結果に。約4割が金銭的理由を挙げており、コロナ禍による景気の影響を受けそうだ。

※調査にはクロス・マーケティング社のQiQUMOも利用、一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住、20代から50代の既婚、男女500名(男性:250名、女性:250名)にアンケートした。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。