人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

15~24歳男子の3割がやっているスキンケア、今後試してみたい美容1位は?

2021.01.23

イマドキ男子は、周りからどのような印象を持たれたいと考えているのか?

今回SHIBUYA109 lab.はaround20(15~24歳)男子を対象に、「イマドキ男子の美容に対する意識」ついて調査を行った。今回は調査結果のトピックスを抜粋して紹介しよう。

今後試したい第1位は「脱毛」!イマドキ男子の美容意識を調査

大事にしたいイメージは「清潔感」。イマドキ男子の美容マインドは「マイナス回避美容」が特徴

女子は「更にかわいくなりたい」「盛りたい」という向上心が高いのに対し、男子は現状を「キープしたい」という意識が強く、「マイナス事項を回避したい」という意識で美容に対峙していることが特徴だ。

約3割がスキンケアを実施。今後試してみたい美容第一位は「脱毛」

清潔感を保つためにスキンケアを実施。脱毛に対する関心は年々高まっており、毛量を減らしたいという意向が強いことが分かっている。

コロナ禍のおうち時間増加により美容への関心が向上 。スキンケアへの関心が高まる

「時間ができたので、フェイスパックをするようになった」などの声が聞かれており、コロナ禍のおうち時間増加により、美容・健康を意識した行動の優先順位が高まっていることが分かる。

憧れの人第一位は「同じ学年の友人」。憧れの要素は“外見”よりも“マインド”

見た目よりも「目標をもって何かに向かって努力をしている姿やマインド」に対する憧れを抱く傾向にあることから、身近な人を憧れの対象に挙げる人が多い。

「メイクは女子のもの」はもう古い!イマドキ男子は肌を美しく見せるためにメイクを取り入れ中

メイクを取り入れるイマドキ男子はまだまだ少数ではあるものの、約3割はメイクを取り入れている。

SHIBUYA109 lab.所長が分析!今後は「身だしなみとしてのメイク」がイマドキ男子に広まる?

まだ一般化はしていないが、SNSでの男性インフルエンサーによるメイクのHow to動画等の発信が増えていることから、今後部分的にメイクを取り入れるイマドキ男子が増加することが考えられる。

アンケート調査概要

①WEB調査
調査期間:2020年9月
対象者条件:15~24歳男性
職業:学生(高校・大学・院・専門・短大)
居住地:1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)
有効回答数:N=400(高校生:147/大学生・院生・専門生・短大生:253)

②SHIBUYA109 lab.による定性調査

調査期間:2020年9月
対象者条件:高校生・大学生の男性
人数:各グループ4名×2グループ 合計8名

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。