小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

顔文字は世相を表わす!?2020年の顔文字大賞に選ばれたのは「ぴえん」

2021.01.17

日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」がこのほど、「Simeji今年の顔文字大賞2020」を発表。投票総数7,000件の中から2020年を表す絵文字に選ばれたのは、「ぴえん」だった。

今年で7回目を迎えた、最もその年らしい顔文字を選ぶ同賞。投票総数7,000件の中で1位に輝いたのは「ぴえん」となった。投票したSimejiユーザーからは「令和版『あはれ』」「自分の感情をあざと可愛く表せるから」「今年は見ない日がないってくらい【ぴえん】を使っている友人知人が多かったから」といった声が寄られた。

第2位には、新型コロナウイルスに可愛くパンチを見舞う絵文字「ころな」がランクイン。「早く終息して欲しいという思いから、今までどれだけ普通の生活が幸せだったと思い知らされた。コロナだからより一層前向きに生きて行こう。不便を創意工夫で乗り越えよう。全てをコロナのせいにしない。色々な思いを込めて選びました。」「コロナのせいで色々潰れてしまったので、パンチしたくなる気持ちになるのでピッタリかな?と」など、コロナ禍への様々な思いが込められたコメントが寄せられた。

第3位は、とぼけた表情で首をかしげる「ほげ」。「自分の都合が悪い時に使いやすい上に、相手をあまり怒らせないから」「返事に困った時や何て返せばいいか分からない時に、可愛らしさもありつつイラッとさせずに送れると思ったから」など、使い勝手の良さをあげる声が多かった。

第4位に入ったのは、キスを送る「ちゅう」。「感謝、喜び、ラブ、大好き、ありがとう、最高…など たくさんの意味で使っています。」「おねだりする時に使う」などの声がある一方、「コロナで会えない時に文章の最後に、会えない切なさを絵文字で伝えた」といった、コロナ流行の影響をうかがわせる意見もあった。

出典元:バイドゥ株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。