人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

源泉徴収や確定申告必要の有無だけじゃない!投資を始める前におさえておきたい「一般口座」と「特定口座」の違い

2021.01.28

すでに何年も株式投資を行なってきた人でも、盲点になりやすいのが投資に関する税金の知識。面倒な確定申告が不要だからと、開設からそのまま証券会社の特定口座で取引を続けている人がほとんどではないか。実は、株式投資では、確定申告をすれば税金面で有利になるケースも少なくない。改めて、基本からおさらいをしていこう。

証券税制の基本をふまえて最適な口座を選ぼう

 証券税制は数年ごとに大きく変わってきた。細かい制度の変更はほぼ毎年行なわれている。そのため、過去の〝常識〟が通用しないケースも増えている。ここでは、証券口座のうち、基本的な課税口座である一般口座と特定口座について解説する。口座の違いについて、「源泉徴収のありorなし」「確定申告の必要のありorなし」だけだと思っている人も多いが、それは大きな間違いだ。

金融商品の税率と課税方法

あらゆる所得には所得税がかかる。所得税は、すべての所得を合計して税率をかける総合課税が原則。しかし、金融商品から得られる所得は、ほかの所得と分けて課税する分離課税が適用される。総合課税では、所得の合計額が多くなるほど税率がアップする累進課税制度が適用されるため、その対象に金融商品などの所得を加えると、納税額が大きくなりすぎることに対する税法上の措置である。

総合課税
年間のすべての所得を合計し、税率をかけて税額を算出

分離課税
株や不動産などの取引から発生する所得は、ほかの所得とは別に税額を算出

●株式や投資信託の利益への税率

株式や投資信託の利益への税率

譲渡益とは売買で得られる利益のこと。株や投資信託を売却した際、売却価格が購入価格よりも上回っていれば、その値上がり分に対して課税される。株の配当金や投資信託の分配金にも課税され、税率はすべて20.315%。所得税には復興特別所得税の0.315%が含まれている。復興特別所得税の期限は2037年12月までなので、それ以降の所得税は15%となり、住民税と合わせた税率は20%に戻る。

●税金の課税方法

税金の課税方法

分離課税には2種類ある。申告分離課税と源泉分離課税だ。基本は申告分離課税で、年間の譲渡益や配当金を合計し、その金額に税率(20.315%)をかけ、確定申告をして納税する。2つ目の源泉分離課税は分離課税の特例で、利益を収入として受け取る時点で税金が差し引かれる。これによって納税が終了したと見なされ、確定申告をする必要がなくなる。

一般口座と特定口座の違いを理解する

証券会社で口座開設をする際、ユーザーは自身で一般口座か特定口座を選ばなければならない。通常、特定口座を推奨されるが、それは「源泉徴収あり」のタイプを選ぶと、面倒な確定申告が不要になるからだ。ただし、年間の合計所得の金額によっては、確定申告をすることで徴収された税金を取り戻すことができる。まずは、それぞれの口座の特徴から説明する。

●証券口座は投資家が選択する

課税される証券口座の選択肢は3種類。一般口座と、「源泉徴収なし」の特定口座、「源泉徴収あり」の特定口座だ。特定口座の源泉徴収の「あり」と「なし」は、その口座で譲渡益あるいは配当金や分配金が発生するまでは、年の途中であっても変更することができる。なお、同一の証券会社で、一般口座と特定口座を併用することも可能。

証券口座は投資家が選択する

●一般口座と特定口座のメリット・デメリット

給与収入2000万円以下で、給与所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合、そもそも確定申告が不要。一般口座や源泉徴収なしの特定口座であれば税金はかからない。一方、源泉徴収ありの特定口座では徴収されてしまい、損をすることに。なお、その年にほかの証券会社の特定口座で損失が出ていれば、その損失と合算をし、さらにそれを確定申告することで差額分の税金の還付を受けることは可能。損失が上回れば、源泉徴収をされてすでに支払ってしまった税金は全額還付される。

一般口座と特定口座のメリット・デメリット

●特定口座で損をするケースも!

特定口座で損をするケースも!

確定申告

確定申告はスマホのアプリからでも可能。面倒なイメージは強いが、やってみると思いのほか簡単だ。副業が増えている昨今、サラリーマンといえども、確定申告の必要性は高まっている。

「譲渡損失の繰越控除」とは?

株の譲渡損は分離課税なので、ほかの所得と相殺は不可。その代わり、損失を最大3年間繰り越して、翌年以降の譲渡益と合算できる「繰越控除」が使える。そのためには、損失が発生した年の確定申告をしておく必要がある。

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!
『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』各電子書店で好評発売中!

『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから
詳細はこちら

【参加者募集】人気YouTuberのぽんちよさんも登場!1月29日20時〜DIMEカレッジ Vol.1「米国株で稼ぐ!」ウェビナー開催

DIMEは今年創刊35周年を迎えます。そこで日頃ご愛読いただいている読者の皆さまへの感謝を込めて、無料のオンラインセミナー「DIMEカレッジ」をスタートします。読者の皆さまの生活を豊かにし、すぐに実践できる実用的なウェビナーにしていく予定ですので、ぜひご注目ください。第一回のテーマは「投資」、特にバイデン新大統領も就任し、注目の「米国株」に焦点を当てます。ゲストに人気投資系YouTuber「ぽんちよ」さんをお招きし、堅実に資産を殖やすための「投資に対する考え方」や実践的なノウハウをご紹介します。参加は無料ですので、どなたでもご参加いただけます。お申し込みいただいた皆さんに、オンラインイベント用のURLをお送りします。是非お気軽にご参加ください!

詳細はコチラ → https://dime.jp/genre/1068215/

文/編集部

 

取材・文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。