人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外気温が0℃以下になったら要注意!お湯が出なくなる前に確認したい給湯機の凍結予防法

2021.01.25

年が明け、寒さが本格化してきた。首都圏でも、夜になると気温が0℃を下回る日も珍しくない。外気温が0℃以下になると、給湯機の配管内の水が凍結して、お湯や水が出なくなる場合がある。

そこで今回、住宅設備機器メーカーの株式会社コロナが教える、「給湯機の凍結予防方法」について紹介していきたい。

■凍結予防方法・対策

(1)エコキュート、ネオキュート、電気温水器はブレーカーをOFF にしない。石油給湯機は、電源プラグをコンセントから抜かない。

石油給湯機(水道直圧式※1)の場合、リモコンの運転スイッチを「切」にする。石油給湯機(貯湯式※2)の場合、リモコンの運転スイッチを「入」にし、給湯温度設定を最低にする。

(2)浴槽の循環口より10㎝以上水を残す。

※1 株式会社コロナ製品では、EFシリーズ、EGシリーズ、AGシリーズ、SAシリーズが該当。水道の圧力そのままで給湯するタイプ。
※2 株式会社コロナ製品では、NE-Hシリーズ、NEシリーズ、NX-Hシリーズ、NXシリーズが該当。缶体内部にお湯を貯めて給湯するタイプ。

■特に寒さが厳しいときの凍結予防方法・対策

特に寒さが厳しいときは通水による凍結防止を行う。

(1)エコキュート、ネオキュート、電気温水器はブレーカーをOFF にしない。石油給湯機は、電源プラグをコンセントから抜かない。石油給湯機(水道直圧式・貯湯式)の場合、リモコンの運転スイッチを「切」にする。

(2)給湯栓がサーモ付混合水栓、シングルレバー混合水栓の場合は、給湯栓のレバーを最高温度側にする。給湯側を開き、1分間に約400㏄の水(太さ5mm)を流したままにする。

(3)浴槽の循環口より10㎝以上水を残す。

(注)凍結の予防方法・対策は機種により異なる。詳しくは取扱説明書をご確認いただきたい。

■実際に凍結してしまったら……

<対処方法>

・給湯配管にお湯をかけて解凍をすることは、配管やバルブの破損の原因になる恐れがあるので、お勧めしない。
・気温の上昇により自然に解凍するまで待つ。
・給湯栓から水が出るようになったら、機器や配管から水漏れなどがないか確認してから使用する。

出典元:株式会社コロナ
https://www.corona.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。