小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワーク導入に合わせて人事評価の仕組みを変更した企業の割合は?

2021.01.18

新型コロナウイルス感染拡大によって、様々な業界・企業で導入が進むテレワーク。場所を選ばず仕事ができるようになり、また、通勤時のストレスから解放されるなどメリットが多い一方で、社員の勤務状況を直接把握することが難しくなるなど、デメリットも少なくない。

そんなテレワーク中の評価に関する意識・実態調査がこのほど、総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジーにより、会社員500名を対象にして実施された。

TOPIC1.テレワークの頻度は、「週1程度」と「週2~3日程度」合わせて6割

テレワークの頻度は、「週1日程度」と「週2~3日程度」で合わせると6割を超えている。テレワークの実態として、6割以上は週の半分以上出社しテレワークを活用していることがわかる。

●テレワーク頻度

TOPIC2.テレワークにより、管理職は部下への指示出しや進捗確認にやりにくさを感じている

一般社員に対し、出社勤務時とテレワーク勤務時で、「上司への進捗報告」業務についての変化を聞いたところ、「やりにくくなった」「どちらかというとやりにくくなった」が36%だった。

同じく管理職に対し「部下への仕事の指示出しや進捗確認」への変化を聞くと、49.2%と「上司への進捗報告」に対し13.2ポイント高く、上司と部下とのやり取りにおいて、上司がよりやりにくさを感じている。

●一般社員:出社勤務時とテレワーク勤務時で、「上司への進捗報告」業務についての変化

●管理職:出社勤務時とテレワーク勤務時で、「部下への仕事の指示出しや進捗確認」業務についての変化

TOPIC3.テレワークに合わせて人事評価の仕組みが変更されたのは1割に満たない

テレワークの実施に伴い、人事評価における仕組みの変化について聞くと、「変わっていない」が6割と多く、「変更された」と答えた人は1割に満たなかった。「変更された」「変更を予定している」と合わせても2割程度だった。

●テレワーク実施に伴い、会社の人事評価の仕組みが変わったか

そのようなテレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか聞いたところ、全体では42.6%が不安を感じる(「感じたことがある」「少し感じたことがある」の合算)と答えた。

その内訳をテレワーク開始時期別で見ると、不安を感じるのは3ヵ月くらい前から開始した人は64.0%に対し、新型コロナウイルス感染拡大以前からテレワークを行っていた人は31.6%であり、テレワークの経験が浅いと回答した人ほど不安に感じる人の割合が高いことがわかる。

●テレワーク開始時期×テレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか

さらに、一般社員と管理職ごとに見ると、一般社員は39.6%、管理職は45.6%と、管理職がより自分の評価に不安を感じていることがわかる。

●一般社員/管理職×テレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか

一方で管理職にのみ「部下の評価が正しく行えているのか、不安」だと感じたことがあるか聞くと、53.2%と自分の評価よりも高い数値となり、管理職が自分よりも部下の評価に不安に感じていることがわかる。

●管理職:テレワーク環境下で、「部下の評価が正しく行えているのか、不安」だと感じたことがあるか

TOPIC4.約6割が仕事の終わり時がわからず長時間労働となった経験がある

テレワークで仕事をしている際、一日の仕事の終わり時がわからず長時間労働になった経験があるかを聞いたところ、全体で58.0%と約6割に経験があったと答えた。

TOPIC5.勤務状況を見える化するツールの利用意向は、管理職で高い傾向に

テレワークでの勤務状況を客観的に把握するためのツールに関して利用意向(管理職に対しては部下に利用させたい意向)を聞いたところ、勤務時間を見える化し、サービス残業や未申告の休日業務との乖離を把握する「労働時間の乖離把握ツール」は一般社員が45.6%、管理職は61.2%が利用したいと考えている。

また、業務ソフトの稼働や、キーボード、マウスの入力状況がわかる「仕事実態の可視化ツール」については一般社員が21.2%、管理職は29.6%が利用したいと考えていることがわかった。

利用させたい理由として、【労働時間の乖離把握ツール】では、「サービス残業は不当だと思う」、「ちゃんと権利を主張できる」、「平等に評価出来る」、などが挙げられた。また【仕事実態の可視化ツール】では、「進捗具合や取り組みの評価に出来る」、「業務改善のヒントにつながるかも」、「業務量と質の適切さを、把握しやすい」などを挙げている。

●「労働時間の乖離把握ツール」を利用したいか

●「仕事実態の可視化ツール」を利用したいか

家族からのテレワークに対する評価は約4割が好意的

テレワーク勤務に対する、家族からの評価を聞いたところ、全体では42%が好意的だった。

パーソルP&Tで長年「全員テレワーク組織」のマネジメントを経験し、『組織力を高めるテレワーク時代の新マネジメント』の著者でもある成瀬岳人氏は、「調査結果から、テレワーク勤務が拡大する中、オフィス勤務時代の労務管理手法では社員を守りきれなくなっていることがわかります。企業は今のはたらき方に適した労務管理の仕組みを見直すことが必須となっています。テレワーク中心のはたらき方にマッチした労務管理にシフトするためには、デジタル活用と支援型マネジメントへの変革が避けて通れません。テレワーク時の労務管理は、試行錯誤期から実現手法が定まりつつありますので、テレワーク時の労務管理が難しいとあきらめるのではなく、テレワークを前提とした労務管理実現に取り組むことが、現場の管理職・社員を守ることに繋がります。」とコメントしている。

※パーソルプロセス&テクノロジー株式会社調べ

<調査概要>
調査期間:2020年11月20日~11月24日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:3ヵ月以上テレワークを継続している会社員500名(20代~60代)
/一般社員250名、部下のいる管理職250名

出典元:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
https://www.persol-pt.co.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。