人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

深夜アニメから社会現象になった「鬼滅の刃」、大ヒットのカギとなったのは配信と単行本

2021.01.23

『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開され、数か月以上がたつ。しかし、その人気はとどまるところを知らない。2016年に連載開始し、深夜アニメとしてスタートした『鬼滅の刃』が広がっていくメカニズムに迫る。

POINT

一、「途中から始まり途中で終わる」映画自体がそもそも異質だった

二、公開と同時に詰めかけたファンに大ヒットの理由があった

三、小学生~親世代まで広がるため用意された数多の接点

藤津亮太さん

アニメ評論家  藤津亮太さん
1968年生まれ。2000年よりフリーで執筆を始める。主な著書に『わたしの声優道』(河出書房新社)、『ぼくらがアニメを見る理由』(フィルムアート社)などがある。カルチャーセンターなどでの講義も行なう。

〝46億円の3日間〟きっかけは何だったのか

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大ヒットは異例の事態です。何しろTVシリーズの続編なので、基本設定の説明もないまま始まります。「普通のお客さんにはわからない」「マニア向け」と避けられてもおかしくないつくりなんです。

 もちろん『鬼滅の刃』はTVシリーズの時から高い人気がありました。だから、劇場版のヒットも想定内でした。でもそれは、基本設定を知るファンを中心に、興行収入10億~20億円が狙えるというヒットで、今回の大ヒットとは性質が大きく違うものです。

 劇場版の観客は3層に分けられます。まず、公開を待って劇場に押しかけた層。次に、見に行くつもりだったが、公開後の評判を聞き急いで見に行った層。そして、ヒットの評判をメディアで知り「行ってみようか」と思った層。

 特に注目したいのは公開とともに劇場に駆けつけた層です。この映画は公開3日で興行収入46億円という異例の数字を上げており、そこには〝コアなアニメファン以外の層〟が大勢いたことが想定されます。昨年秋にアニメ放送が終わり、映画が公開されるまでのおよそ1年の間に『鬼滅』のファンが相当数増えており、そこでメインストリームに受け入れられたのでしょう。

 その鍵は単行本とネット配信です。『鬼滅』は、アニメ化の影響で単行本が売れ行きを伸ばしました。電子書籍と接点の薄い小学生が主に購入したといわれています。小学生はまだ『鬼滅』のような深夜アニメをチェックする習慣はありません。おそらく中学生以上の年長者がまずTVアニメに触れ、そこを入り口にその弟や後輩といった年下の層に広がっていったのでしょう。小学校中学年以上は『ジャンプ』の想定読者なので、深夜アニメを経由することで、普段『ジャンプ』を読む習慣のないターゲットに届いたわけです。ハードでダークな世界観は、小学生の背伸びをしたい気持ちにもうまく合致しました。また単行本は貸し借りもしやすく、さらに口コミを広げるのに役立ったでしょう。

 加えて『鬼滅』は、様々なネット配信で見ることができ、サービスに加入しているなら「お試し感覚」で見ることができる間口の広さもあります。こちらは年齢を問わず、劇場版公開までに内容を予習しておくための、絶好の接点となりました。こうして単行本と配信が両輪となり、コアなアニメファンとは異なる、小学生とその親世代に『鬼滅』はリーチをしていったわけです。そして、今夏以降、コロナ禍の中でも安全性が確かめられた映画館で公開され、エンターテインメントを求めていた人々がどっと繰り出した──というのが最初の3日間の実態ではないかと思われます。

『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』

全国403館にて公開された『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』。その認知度は計り知れず、〝全集中〟などの言葉は、国会の答弁にも使われている。連載開始から4年での急成長となった。

文/藤津亮太

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。