人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ほぼ日のアースボール」に国境や国名が一切記載されていないワケ

2021.01.17

昔は多くの家に置かれていた地球儀。だが今ではすっかり見かけなくなったことで、あえて地球儀を作った「ほぼ日」。最新のAR技術を用いて、新たな地球儀の楽しみ方を提案した。そんな『ほぼ日のアースボール』の発売から3年が過ぎ、大幅にリニューアルしたセカンドモデルが登場した。

AR技術を使った画期的な地球儀

2017年に販売された『ほぼ日のアースボール』。ビーチボールのようなビニール素材の直径約27cmのボールで、手で持って遊べて、専用アプリでいろいろなコンテンツが体験できる。スマホやタブレットの専用アプリをかざすと、地球儀上の国の国旗が表示され、それぞれの国の情報を確認でき、地球儀に描かれた世界遺産や建物、動物などのアイコンからも、それらの情報を見ることができる。このようなAR技術を使った情報コンテンツが画期的で人気を博した。

そんな『ほぼ日のアースボール』のセカンドモデルが2020年11月5日に発売された。地球儀自体は直径約15cmと小ぶりになり、コンパクトな手の平サイズに。専用アプリも19種類のコンテンツを用意するなど、より多くのコンテンツが楽しめるようになった。

中でも一番の違いが地球儀の見た目。セカンドモデルには国境や国名がなく、宇宙から見た地球そのままの姿になっている。

『ほぼ日のアースボール』のセカンドモデル。地球そのものの見た目になり、堅い材質にリニューアルされた。

国境や国名は時代によって絶えず変化する。つまり地球儀の世界地図に正解はなく、終わりなく変化していくものということ。そこでセカンドモデルでは国境や国名を表示する役割をアプリ側の操作にすることで、いつでも今の世界を確認できるようになった。地球儀上に文字をなくしてしまったおかげで、本体サイズも手の平サイズに小さくできた。

「クラシック地球儀」で国境や国名が分かる。行政図タイプ、地勢図タイプ、衛星図タイプに切り替え可能。

「世界の国々」で各国の国旗を表示。

国旗をタップすると、面積や人口、GDPなど、その国の基本情報が確認できる。

バラエティに富んだ19種類のコンテンツが楽しめる

『ほぼ日のアースボール』では実に様々なコンテンツを用意。中でも「いまの地球」と「一週間の地球」は、今回のセカンドモデルで新たに追加された魅力のコンテンツだ。

バラエティに富んだ19種類のコンテンツを用意。地球儀の楽しみ方が変わる。

アースボールにスマホやタブレットをかざすと、雲や雨、気温のデータが表示され、1時間おきにリアルタイムで更新される。また一週間分の雲、雨、気温の変化も遡って見ることができ、天気予報でよく見る光景が自分のスマホの中で再現できる。

「いまの地球」では今の地球の雲の状況を表示。雨や気温にも切り替えできる。

「一週間の地球」は「いまの地球」の1時間ごとの映像を表示。スライダーを指で動かずと、雲が流れていく様子がよくわかる。

そのほか興味深いのが「夜の地球」。アプリに映し出される無数の灯りは、まるで衛星写真を見ているよう。アースボールがコンパクトなので、手の上で回しながら各地の様子を見られるのが楽しい。

「夜の地球」。アースボールをくるくる回しながら見ると、人口が集中しているエリアが分かる。

しかもアースボールは地球だけでなく、宇宙の星の役目も務める。「すいきんちかもく」ではアースボールが水星や金星、火星など、地球を取り巻く惑星に変わり、星空解説員による音声解説でそれぞれの惑星を紹介してくれる。

太陽系の惑星の情報が見られる「すいきんちかもく」。スマホ画面のタップで別の惑星に変更できる。

惑星の「基本データ」をタップすると、大きさや重さ、自転周期などの情報を表示。

そのほか「地球図鑑」では地球上に浮かび上がる写真から、世界遺産や建物、動物などの情報が見られ、「小学館の恐竜図鑑」ではこの場所に住んでいたであろう恐竜の姿が表示される。かつてどんな恐竜が日本にいたのか確認できるのはとても面白い。自分が知りたい地名などを入力すると、ゾウさんが探してくれて、その場所を教えてくれる「おしえてゾウさん」のコンテンツも便利だ。

地球上の様々な建築や動物などの情報が確認できる「地球図鑑」。

「小学館の恐竜図鑑」では発掘された化石に基づいて恐竜の姿を表示。

一見、子ども用に思えるかもしれないが、内容の充実度や知識欲を高めてくれるコンテンツは、大人でも充分楽しめる。この機会に自宅に地球儀を置いてみてはどうだろうか。

『ほぼ日のアースボール(セカンドモデル)』3960円(税込)。直径15cm、重さ145g。

ほぼ日のアースボール
https://earthball.1101.com/

取材・文/綿谷禎子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。