人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

専門店の味を手軽に楽しめるコカ・コーラのレモンサワー「檸檬堂」が大ヒットした理由

2021.01.22

日本コカ・コーラ『檸檬堂』

1〜9月で573万ケースを販売し、大定番入り!

パトリック・サブストロームさん

日本コカ・コーラ
檸檬堂シニアマネージャー  パトリック・サブストロームさん
『ファンタ』や『コカ・コーラ』など、様々なブランド担当を経て、現職に。初のアルコール製品である『檸檬堂』は、ブランド誕生となる企画段階から導入まで担当。

※コカ・コーラボトラーズジャパンの販売エリアにおいて

レモンサワーの味を極めた専門店の味を自宅で楽しむ

 2019年10月に全国販売を開始し、デビューしてすぐ、レモンサワーの首位に躍り出た『檸檬堂』。一時は品薄で出荷がストップするほどの大ヒット。コカ・コーラ社としては初のアルコール飲料の参入で、市場を席巻した快挙の軌跡を、ブランドの立ち上げから開発に関わったパトリックさんに伺った。

「今まで低アルコール市場はブランドが確立され、多数のフレーバーが展開されていましたが、檸檬堂ではレモンサワーのみで勝負。レモンサワーを名物としているような専門店の味を目指し、作り手の肌感や空気感を出すことに注力しました」

「前割りレモン製法」による本格的な味はもちろん、はちみつレモンや塩レモンなどフレーバーやレモン果汁量を変えたラインアップに加え、アルコール度数も3%、5%、7%、9%と違うため、その日の気分で飲み分けられるのも魅力。酒場にあったらうれしいレモンサワーのラインアップが全部揃う、そんな外呑みのような楽しさもユーザーを強く惹きつける理由の一つになっているようだ。

 流行っている酒場の佇まいを意識したというデザインは、昔ながらの藍染の前掛けをイメージ。缶はざらつきのあるぬくもりを感じる手触りで、パッケージからも中身にこだわっている感が伝わってくる。

「飲んでいる方もこだわり派が多く、ブランド自体に愛着を持っていただいています。贅沢な製法で価格は少し高くなりましたが、味がよければ売れるということも証明できました」

日本コカ・コーラ『檸檬堂』

日本コカ・コーラ『檸檬堂』150円

定番レモンに加え、ほんのり甘いはちみつレモン、きりっとした塩レモン、アルコール度数の高い鬼レモンの4本で全国販売スタート。12月28日には甘味料不使用で切れ味抜群の、ドライなカミソリレモンが新登場。

[ヒットのひみつ]焼酎の本場・鹿児島で飲まれる「前割り焼酎」をヒントに「前割りレモン製法」を採用。丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめなじませ仕上げた、専門店レベルの味が大人気。

日本コカ・コーラ『檸檬堂』

取材・文/嶺月香里

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。