人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

手洗いで気をつけるようになったことTOP3、3位ハンドソープで長時間、2位ハンドソープで回数を増やす、1位は?

2021.01.12

今、新型コロナウイルスの感染拡大で、以前にも増して手洗いを徹底する人が増加している。そこでマイボイスコムは『ハンドソープ』に関するインターネット調査を実施した。

調査の結果、自宅で手を洗う際に「ハンドソープのみ」を使う人は6割弱で2011年調査時より大幅増していることが明らかになった。

1万人に聞いた「ハンドソープ」に関する調査

ハンドソープや石けんで手を洗う回数

ハンドソープや石けんで手を洗う回数は、「2~3回」「4~5回」がボリュームゾーン。10回以上洗う人は2割弱、女性30~50代では各3割弱みられる。一方、男性10・20代では、「1回」の比率が高くなっていた。

ハンドソープ・石けんの利用状況

自宅で手を洗う際に、ハンドソープと石けんのどちらを使うかを聞いたところ、「ハンドソープのみ」が57.3%、2011年調査時より大きく増加。ハンドソープと石けんを併用する人は、「固形石けんも使うが、主にハンドソープ」「ハンドソープも使うが、主に固形石けん」を合わせて3割弱となっている。

ハンドソープで手を洗う場面

ハンドソープで手を洗う場面は(複数回答)、「外から帰った後」がハンドソープ利用者の90.3%、「ゴミや汚物などを処理した後」が62.3%、「トイレの後」「掃除の後」「汚れが気になる」が5割前後となっている。

自宅で利用しているハンドソープ、直近1年間に利用した銘柄

自宅で利用しているハンドソープのタイプは(複数回答)、「泡」がハンドソープ利用者の76.4%、「液体」が34.0%。ハンドソープ利用者が直近1年間に利用した銘柄は(複数回答)、「キレイキレイ」が53.2%、「ビオレu」が33.2%、「ミューズ」が12.9%となっていた。

ハンドソープ選定時の重視点

ハンドソープ選定時の重視点は(複数回答)、「価格」がハンドソープ利用者の52.1%、「液体タイプ・泡タイプ・ジェルタイプ」「メーカーやブランド」が各4割弱、「詰め替え用がある」が30.0%。「液体タイプ・泡タイプ・ジェルタイプ」「好きな香り・いい香り」「肌へのやさしさ、低刺激」「詰め替え用がある」は、女性で比率が高くなっている。

主利用銘柄別にみると、『ミューズ』では「殺菌力、殺菌成分」「メーカーやブランド」、『ミヨシ』では「無香料、香りが残らない」「肌へのやさしさ、低刺激」が上位2位だった。

手洗いの仕方やハンドソープの使い方で気を付けるようになったこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、手洗いの仕方やハンドソープの使い方で気を付けるようになったことはあるかを聞いたところ(複数回答)、「細かいところまで丁寧に洗う」が49.1%、「ハンドソープで手を洗う回数を増やす」「ハンドソープで手を洗う時間を長くする」が3~4割となっている。これらの上位項目をはじめ、女性の方が男性より比率が高い項目が多くみられる。

※マイボイスコムは2回目となる『ハンドソープ』に関するインターネット調査を2020年8月1日~5日に実施し、10,257件の回答を集めた。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。