小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自動車、防衛産業のシステム需要増加により、レーダー市場は2027年までに494.3億ドルに達する見込み

2021.01.12

レーダー市場は2027年までに494.3億ドルに

「レーダー」は物体に電磁パルスを送信することにより、物体の範囲と動作を測定する電子システムのこと。大型ディッシュアンテナを使用した高出力レーダーは、月や他の惑星、小惑星、人工衛星までの距離を測定するために使用されてきた。

さらに、レーダーシステムは、航空交通管制、航空機ナビゲーション、および船舶ナビゲーションで広く使用されている。

Reportocean.comの「レーダー市場調査レポート」によると、世界およびアジア太平洋地域のレーダー市場規模は2019年に325.6億ドルと評価され、2020年から2027年までに3.80%のCAGRを記録するために、2027年までに494.3億ドルに達すると予測されている。同レポートのポイントを見てみよう。

市場のダイナミックな見通し

レーダー市場の成長を推進する主な要因には、自動車および防衛産業におけるレーダーシステムの需要の増加、レーダー技術の進歩、および領土争いの増加が含まれる。しかし、悪天候はレーダーシステムの誤動作を引き起こし、市場の成長を制限する。それどころか、航空機への軽量レーダーの配備は、予測期間中の市場拡大のための報酬の機会を生み出すと予想される。

グローバル&アジア太平洋レーダー市場は、製品の種類、プラットフォーム、アプリケーション、エンドユーザー、および地域に基づいて分割される。製品の種類によって、市場は連続波レーダー、パルスレーダーなどに細分化されている。

プラットフォームに基づいて、それは海洋、空中、地上、および宇宙に分類されます。この調査の対象となるアプリケーションには、航空交通管制、リモートセンシング、地上交通管制、および宇宙ナビゲーションと制御が含まれる。

エンドユーザーに応じて、市場は自動車、航空、産業、気象監視、軍事および防衛などに区別。地域ごとに、レーダー市場の動向は、中国、日本、インド、韓国、その他のアジア太平洋地域、およびその他の世界で分析されている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。