人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

宇宙船から出てきそうな奇抜なスタイルが話題になったホンダの50ccスリーター「ストリーム」

2021.01.21

1981年11月11日に発売された、全く新しいカテゴリーの“スリーター”がホンダ「ストリーム」だ。

前輪は1輪、後輪は2輪の3輪で、フロントホイールとリアホイールの連結部に「ナイトハルト機構」を採用し、コーナリングでフロントボディが左右自在にスイングする。

リア駆動軸にはデファレンシャル・クラッチを装備し、内輪と外輪の回転差数が自動的に調整され思い通りのコーナリングを実現する。

2000年に誕生したミニバン「ストリーム」の先輩

ホンダのストリームと聞くと、多くの人はミニバンの「ストリーム」を思い浮かべるかもしれない。

こちらは2000年10月27日に発売されたもので、実はスリーターのストリームの方が先輩になるのだ。

全長1665mmでホイールベースは1210mm。フロントトランクもあった

スリーターのストリームの全長は1665mm。ホイールベースは1210mmで、乾燥重量は74kgだ。大柄に見えるが実は軽量。

エンジンは空冷2サイクル49ccで、最高出力は3.8PS/6500rpmとなる。

フロントには5kgまで積載できるトランクを持ち、足下にはグローブボックスを用意。

3段階に調節できるバックレスト付大型シートも採用され、利便性は高い。

車両価格はいくらだった?

19万8000円。

後に続くスリーターシリーズの第1弾として登場し、「GYRO X」や「ロードフォックス」、「ジャスト」など様々なスリーターが誕生する先駆けとなった、エポックメイキングな1台。

高価格もあり、販売成績的に優れていたとは言い難いが、80年代ホンダの勢いを感じさせる、歴史的な名車といえるのではないだろうか。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。