人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

当時ヤマハ「JOG」と人気を二分したホンダのスポーツスクーター「DJ・1」

2021.01.03

ホンダとヤマハが競い合った時代。ヤマハはスポーティスクーターの「JOG」を1983年に発売。

エンジンは49ccの排気量から最大出力4.5psを発揮する2サイクル。セルスターターも用意され、それでも乾燥重量は49kgと軽量。価格は9万9000円と、10万円を切った。

鋭いダッシュで“スクーターは遅い”という意識を変え、しかも手の届きやすいプライスのJOGに、若者は飛びついた。販売1年で30万台を記録する大ヒットモデルになったのだ。

1984年には最大出力を5.2psまで向上させ、デジタルメーターも選べた「Champ(チャンプ)」が登場。ヤマハの攻勢は続いた。

ホンダがヤマハとがっぷり四つを組むスポーティスクーター

そんな中、対抗馬としてホンダは、1985年3月27日に「ホンダDJ・1(ディジェイ・ワン)」を発表。同年4月1日から発売を開始した。

曲線を基調としたデザインに、内装と外装を塗り分けたツートンカラーを採用。若々しい感覚のデザインが特徴となっている。

エンジンは、空冷2サイクル5.2psエンジン(49cc)を搭載。Vマチック(無段変速)機構の採用により、なめらかで力強い走行を可能にした。

サスペンションは、前輪にトレーリング・リンク式、後輪はユニットスイング式。前後輪ともに油圧式ダンパーを装備し、ロングホイールベース(1165mm)とあいまって、快適な乗り心地を実現した。

乾燥重量は52kgと、セルフスターターを採用しながら軽量。

ノーマルモデルの価格が10万9000円と、原付少年でも背伸びすれば届く価格設定もあって、DJ・1は大ヒット! 2ストロークでエンジンをいじるのが容易だったこともあり、当時人気だったスクーターレースでも大活躍した。

DJ・1という名前は、“打倒ジョグ”が由来だという人もいる。そんな都市伝説が生まれるほど、ジョグとDJ・1は互いに競い合いながら80年代中盤のバイクブームを支えた。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。