人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「SUUMO」の閲覧数が急上昇した首都圏の街ランキングTOP3、3位西大井、2位立川、1位は?

2021.01.01

SUUMO 閲覧数が急上昇した街ランキング2020

インターネットで閲覧が急上昇している街は、今まさに変化が起きている街だ。

交通利便性の向上、街の再開発などにより、新たな人の流れが日々生み出されている。特に今年はコロナ禍で遠出を控え、テレワークにより生み出された時間で、朝夕に住む街を改めて見つめ直した人も多いのではないだろうか。

そこでリクルート住まいカンパニーはユーザーが閲覧した賃貸物件の閲覧数 *を街(駅)ごとに集計し、どの街(駅)の物件が数多く閲覧されたのかをランキング化した。

 *閲覧数…駅徒歩15分以内の物件がどれだけ閲覧されたかをカウント

「SUUMO 閲覧数が急上昇した街ランキング2020」 3つの注目トピックス

① 「和光市」(1位)や「立川」(2位)など再開発が行われた“郊外の街”が上位にランクイン!

1位は、東京メトロ有楽町線と副都心線の始発駅である和光市駅。2013年に東急東横線との相互運転が開始されてから、新宿三丁目駅、渋谷駅にも直通できるなど交通利便性が向上し、注目が集まった。

さらに今年3月に南口の再開発が完了。駅ビルがリニューアルし、商業施設「EQUiA PREMIE和光」が開業。「成城石井」や「マツモトキヨシ」など25店舗が入り、生活利便性も向上した。今後、駅の北口の再開発も予定されており、さらに注目が高まる街になりそうだ。

2位は、立川駅がランクイン。今年4月に立川駅の北側にオープンした大型複合施設「GREEN SPRINGS」には、飲食店や店舗、ホテルやオフィスなどが入っている。 飲食店は、地元の名店「BISTRO SAITO」、ピザやフレッシュチーズで女性に人気の「good spoon pizzeria & cheese」などが入り、平日にもかかわらずランチ時は行列待ちができるほどにぎわっている。豊かな植栽や水辺がありゆっくり滞在できるため、若者やカップル、子連れのファミリーやシニアなど幅広い層でにぎわう立川の新名所となっている。

和光市駅南口の再開発された駅ビル。上層階には「和光市東武ホテル」が入る

立川駅北側の多摩モノレール沿いにできた「GREEN SPRINGS」

➁2019年の11月から相鉄・JR直通線の停車駅となり、渋谷や新宿などのターミナル駅への交通アクセスが良くなった「西大井」が3位にランクイン!

「西大井」駅周辺には複数の駅があり、7線6駅が徒歩でアクセス可能と、交通利便性バツグン。 3位に急浮上した西大井駅は、以前からJR横須賀・総武快速線とJR湘南新宿ラインを利用できたが、快速は停まらない駅だった。しかし、2019年に相鉄・JR直通線の停車駅となり、JR埼京線と直通運転が開始され、新宿駅や渋谷駅の都心ターミナル駅へのアクセスが向上したことが、注目度が高まった要因かもしれない。

さらに西大井駅を中心に街を眺めると、西大井駅から徒歩20分未満で行ける駅は6つもあり、東急大井町線や都営浅草線など7路線が利用でき、交通利便性の高いエリアといえる。

西大井駅は、住宅街が広がっている街だが、駅東側のロータリーには、ドラッグストアやコンビニなど生活インフラが揃っている。さらに、駅近くの「西大井広場公園」はグラウンドと散策路があり、春は桜も見られる。また、近くに小中一貫教育で有名な「品川区立伊藤学園」、「私立品川翔英中学校・高等学校」があるなど子育て環境が充実した街でもある。

※徒歩分数はgoogleマップの最短時間を記載。西大井駅と駅前のロータリー。近くには閑静な住宅街が広がる

③10位には今年再開発で注目された「渋谷」がランクイン。それに伴い、渋谷まで直通で行ける「代官山」(4位)や、「祐天寺」(5位)が上位にランクインした。

「渋谷スクランブルスクエア」を筆頭に再開発で高層ビルが建ち並び、街が様変わりする渋谷駅が10位にランクイン。そんな渋谷駅で今年注目された再開発は「MIYASHITA PARK」。

宮下公園をリニューアルし、1~3階にスポーツショップや飲食店など90店舗が入り、屋上には人気スポットである芝生公園が広がっている。

昼時はオフィスワーカーが休憩し、子連れのママ友がランチを楽しんでいたり、土日はボルダリングを楽しむ家族連れや夜は飲食店で買ったテイクアウトを食べる若者も多く見受けられる。渋谷駅は再開発が続いていくので、今後もさらに注目度が高まることが予想される。

また、渋谷駅の大規模な再開発に伴い、周辺駅の代官山駅や祐天寺駅もランクアップする結果となった。

4位の代官山駅は、「渋谷ストリーム」と「渋谷ブリッジ」ができたことで渋谷駅までの回遊性が高まった。渋谷駅から「渋谷ストリーム」を抜け、渋谷川沿いの遊歩道を経由し、「渋谷ブリッジ」までの歩行者導線を利用できるようになり、さらにJRを越えて「ログロード代官山」を通り抜けると代官山駅前へ到着することができる。こうした”歩ける利便性”により、注目度がアップしたのかもしれない。

5位の祐天寺駅は、渋谷駅周辺の駅の中では、家賃相場が比較的手ごろな街と言える。また、駅周辺には商店街が広がっており、 2018年には駅ビル「エトモ祐天寺」がリニューアルし、生活利便性が高まった。

さらに、東急東横線で渋谷駅や中目黒駅にすぐ出られることに加え、商店街を走るバスで三軒茶屋や目黒方面のアクセスも良いなど、交通利便性も高い街だ。

SUUMO 閲覧数が急上昇した街ランキング2020
調査対象駅:SUUMOに掲載されている1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の1519駅
調査方法: 2019年1月ー2019年9月と2020年1月ー2020年9月の期間でユーザーが閲覧した賃貸物件の画面閲覧数*を街(駅)ごとに集計し、どの街(駅)の物件が数多く閲覧されたのかをランキング化。 
そして、2019年1月ー2019年9月と2020年1月ー2020年9月のそれぞれのランキングを比較し、2020年1月ー2020年9月で100位以内にランクインした駅を対象にランクアップ数で順位付けし集計。
*閲覧数…駅毎に15分以内の物件がどれだけ閲覧されたかをカウント

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。