人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

番号は変更できる?有効期限は?意外と知らない「マイナンバー」の基礎知識

2021.01.13

2015年10月より、通知カードの郵送が始まり、2016年1月から利用できるようになった「マイナンバー」ですが、意外と知らないことが多い人もいるのでは?

例えば、マイナンバーの通知カードに有効期限はあるのか? 番号は変更できるのか? 新たに誕生した赤ちゃんのマイナンバーを申請する必要はあるのか? など。

そこでこの記事では、マイナンバーについて知っておきたいことをご紹介します。

【参照】内閣府|マイナンバー制度について

知っておきたいマイナンバーのこと

マイナンバーとは、日本に住民票をもつすべての人(外国人を含みます)がもつ12桁の番号です。原則、生涯で同じ番号を使うことになります。この12桁の番号は、社会保障や税、災害対策の分野で用いられます。

マイナンバーは変えられる?

原則、交付されたマイナンバーは生涯同じ番号を使うため、番号は変えられません。しかし、マイナンバーが漏えいし、不正に使われるおそれがある場合、本人の申請または市区町村長の職権により変更できます。

【参照】内閣府|マイナンバーに関する質問

誕生した赤ちゃんのマイナンバーを申請する必要はある?

マイナンバーは、出生届を提出し、住民票が登録された時点で作成されます。ですから、赤ちゃんが生まれたからといって、新たに手続きする必要はありません。

マイナンバーの通知カードに有効期限はある?

マイナンバーの通知カードには、有効期限はありません。しかし、マイナンバーカード(個人番号カード)が交付されると、通知カードは要らなくなるため、市区町村に返すことになります。

通知カードを紛失した! 再交付はできる?

実は2020年5月25日に通知カードは廃止されたため、通知カードの再交付はできません。マイナンバーを確認および証明するためには、マイナンバーカードの取得、または、マイナンバーが記載されている住民票の写しや、住民票記載事項証明書を取得してください。

通知カードを紛失してしまった場合は、住んでいる地域の市区町村窓口に紛失の届け出をしましょう。

通知カードはどうして廃止になった?

なぜ通知カードは廃止となったのでしょうか。

1つ目の理由は、転居時などにおける通知カードの記載事項の変更手続きが、住民と市町村職員の双方に負担となっていたため、見直しを求める声が多かったこと。

もう1つの理由はマイナンバーカードへの移行を促すためです。

ちなみに、通知カードは廃止されるものの、引き続きマイナンバーカードの申請はできます。詳細は下記リンクをご参照下さい。

【参照】総務省 通知カードの廃止について

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。