人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホでプロフェッショナルな撮影を実現するMOZAの電動モーションスライダー「SlyPod E」

2021.01.05

スマホでプロフェッショナルな撮影を実現。ジンバルなどの撮影機材で定評のあるMOZAが送る使い勝手抜群のモーションスライダーを紹介しよう。

電動モーションスライダー「MOZA SlyPod E」

「MOZA Slypod E」(モザ スライポッド イー)は、自分のカメラに取り付けるだけでプロのカメラマンが撮るようなクリエイティブな映像を撮影できる電動モーションスライダーだ。

スムーズに流れるような水平スライドやダイナミックなジブショット、真上からのオーバーヘッドショットなどさまざまなショットをスムーズに撮影でき、クリエイティビティあふれる動画を制作することが可能。一脚やカメラジブアームとして使うこともでき、さまざまな視点からの撮影を実現してくれる優れもの。

「流れるようなカメラワーク」を生むスライド撮影

スライド撮影とはカメラを水平方向に動かす撮影テクニックのこと。風景や人物の動きなどを水平に移動しながら撮影することで、オーディエンスの視点にスムーズな動きを演出し、2Dの映像により立体感を与える。さらに、タイムラプス機能と併用すれば視点の動きと風景の動きを同時に捉えた映像を作成することも可能だ。

「ダイナミックな空間の切り替わり」を可能にする垂直方向のジブショット

ジブショットとは本来、クレーンなどの機材を用いて様々なアングルから対象を撮影する手法をいう。これによりスライド撮影のような滑らかな目線の動きだけでなく、広いアングルを利用した上方向からの俯瞰シーンを撮影するなど、ダイナミックに撮影空間を切り替えることができる。

またレンズを下向きに傾けて固定し対象を真上から撮影すれば、フラットな空間をよりリアルかつ広いアングルで撮影することも可能だ。

カメラ移動により「自然な視点の近づき」を演出するクロースアップ撮影

対象に徐々に近づきながら撮影する場合、レンズによるズーム機能を使用することが多いですが、この撮影方法だとズームするに従って対象物の背景が徐々にボケ始めるため、肉眼にはない不自然さが生じてしまう。

そこで、レンズではなくカメラを動かしながら撮影することで、よりリアルかつ、さりげない視点の近づきを表現できる。また、後ろ方向に動かしながら撮影すれば、視点の引きや空間の滑らかな広がりを演出することも可能だ。

これらの撮影テクニックは映画などの撮影でよく使われるが、実際の撮影にはプロのカメラマンによる腕と、クレーンなどの大きくて高価な機材が必要だった。しかし「MOZA Slypod E」は 豊富な機能や緻密な操作性そしてカメラを支えるのに必要なしっかりとした安定性の実現などによって、格納時の大きさ約50cmというコンパクトサイズながらこれらの撮影手法を駆使することが可能になった。

耐候性、耐摩耗性も高くポータブルなので、どんな場所へも持っていくことができるのは嬉しいポイントだろう。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。