人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

首都圏在住の大企業に勤める管理職の約半数が「地方転職に興味あり」、その理由は?

2020.12.30

コロナ禍を契機に普及・浸透したリモートワーク。それによって、大都市のオフィスへ頻繁に通勤する必要性が薄れ、また、密を回避できるとの考え方から、地方への転勤・転職が大きな注目を集めているという。

そんな地方への転職や副業に関する意識調査がこのほど、株式会社みらいワークスにより、首都圏大企業管理職(課長職以上)1614人を対象にして実施された。

コロナを機に「35~44歳世代」の地方副業・転職への関心が高まる

地方への転職に「興味あり」「やや興味あり」との合計(興味層)は48%。「35~44歳世代」の興味関心が最も高く53.1%となった。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、地方で働くことの関心が「とても強くなった」「強くなった」の合計(興味層)は33.4%。「35~44歳世代」の興味関心が最も高く42.0%となった。

地方の中小企業から経営幹部候補としてのオファーがあった際、「現状の収入より減少しても転職の可能性がある」が36.7%。

地方の中小企業での副業に「興味あり」「やや興味あり」との合計(興味層)は59.5%。 「35~44歳世代」の興味関心が最も高く64.7%となった。

地方の中小企業での副業に興味がある理由は、「副収入」が40.8%、「地方中小企業を支援することでのやりがい」が32.5%、「スキルアップ、成長」が18.3%、「地方貢献・地方創生」が8.1%となっている。

地方での副業を経験後に、その地域への移住・転職に繋がる可能性がある人は70. 7%。 「35~44歳世代」の可能性が最も高く74.6%となった。

<調査概要>
実施期間:2020年9月24日~27日
調査手法:インターネットモニター調査
有効回答数N:1614
調査対象:年齢:35歳~65歳
従業員規模:500名以上(サービス業)、1000名以上(製造業)
一都三県に在住し、東京都に勤務している正社員管理職(課長職以上)

出典元:株式会社みらいワークス
https://mirai-works.co.jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。