小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんなが使っているお薬手帳アプリTOP3、3位お薬手帳プラス、2位eお薬手帳、1位は?

2020.12.25

薬剤師さんから「お薬手帳はお持ちですか?」と聞かれて、忘れたことに気づくミスを繰り返してしまう人は多いはず。そんな人にとって便利な「お薬手帳アプリ」があることをご存じだろうか?

このお薬手帳アプリの利用実態を探るべくこのほど、MMD研究所により、10月15日~11月2日の期間、お薬手帳アプリ利用経験者の335人(※予備調査では20歳~69歳の男女12,517人)を対象にした意識調査が行われた。

お薬手帳アプリ認知度は57.2%、うちお薬手帳アプリ利用経験は47.2%

20歳~69歳の男女12,517人を対象に、お薬手帳アプリについて聞いたところ、「知っている」が25.9%、「名前だけ聞いたことがある」が31.3%とあわせて認知度は57.2%となった。どの世代も半数を超える認知度となった。

前問でお薬手帳アプリを「知っている」と回答した3,237人を対象に、利用経験を聞いたところ、「現在利用している」が35.9%、「過去に利用していた(現在は利用していない)」が11.3%とあわせて47.2%が利用経験があることがわかった。

性年代別でみると最も利用経験が多かったのは男性20代で64.7%、次いで男性30代が62.5%、女性20代が56.8%、女性30代が49.5%となった。

お薬手帳アプリ利用経験者がアプリを利用したきっかけ、1位は「冊子を持ち歩かなくていいから」

予備調査からお薬手帳アプリ利用経験者335人を抽出し、お薬手帳アプリを利用したきっかけ(複数回答可)を聞いたところ、「冊子を持ち歩かなくていいから」が44.8%と最も多く、次いで「冊子を忘れることがないから」が36.7%、「かかりつけ薬局がお薬手帳のアプリに対応していたから」が32.5%となった。

利用経験のあるお薬手帳アプリの上位は「EPARKお薬手帳」「eお薬手帳」「お薬手帳プラス」

お薬手帳アプリ利用経験者335人を対象に、利用している/利用していたお薬手帳アプリ(複数回答可)を聞いたところ、「EPARKお薬手帳」が35.2%と最も多く、次いで「eお薬手帳」が24.5%、「お薬手帳プラス」が21.8%となった。

お薬手帳アプリ利用経験者335人を対象に、お薬手帳アプリの利用意向を聞いたところ、「利用したいと思う」が57.9%、「やや利用したいと思う」が25.1%と利用意向は83.0%となった。

お薬手帳アプリの感想、良かったこと「冊子の持ち歩き不要」、不満は?

お薬手帳アプリ利用経験者335人を対象に、お薬手帳アプリを利用して良かったこと(複数回答可)を聞いたところ、「冊子を持ち歩かなくていい」が51.3%と最も多く、次いで「冊子を忘れることがないから」が40.6%、「冊子が増えなくていい」が34.6%となった。

お薬手帳アプリ利用経験者335人を対象に、お薬手帳アプリを利用して不安や不満に感じたこと(複数回答可)を聞いたところ、「対応している薬局が少ない」が34.3%、「使い勝手が悪い」が21.5%、「登録が手間だった」が20.0%となった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「お薬手帳アプリに関する利用実態調査」
調査期間:2020年10月15日~11月2日
有効回答:<予備調査>12,517人<本調査>335人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>20歳~69歳の男女<本調査>お薬手帳アプリ利用経験者の20歳~69歳の男女
設問数 :<予備調査>2問<本調査>5問

出典元:MMDLabo株式会社
https://mmdlabo.jp/

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。