小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

職人が原石の個性を見極めて削り出した墨、筆が収まる土佐硯のスマホケース「スマホ硯」

2021.01.11

[三原硯石加工生産組合]
土佐硯 スマホ硯

写真=スマホ硯

 高知県指定の伝統的特産品である土佐硯。その歴史を繙くと、応仁2年(1468)、応仁の乱で京から土佐に逃れた公卿・一条教房は、同地で良質な硯石を発見し、愛用したという記録が残る。その後、原石の存在場所が不明で、幻の硯石とされていたが、昭和41年(1966)、書家の新谷健吉が硯石を再発見したことで硯の生産が始まり、地場産業へと発展した。

ケースには、硯と付属の筆(2本継ぎ)、墨が美しく収まるようになっている。

 土佐硯の原石は、青黒く、細かいキメが整う黒色粘板岩である。書家の間では「墨の下り具合が素晴らしく、麗しい墨色が得られ、座右に置いて愛用したい優品」と評価が高い。

原石は約6000万年前の中生代白亜紀層の黒色粘板岩。「三原硯石加工生産組合」のある三原村の伊崎畑山で採掘される。

伝統と革新の硯

 高知県の西南、幡多郡三原村は、土佐硯の原石の産地である。ここに工房を構える「三原硯石加工生産組合」の品を紹介したい。

大まかに切断した原石の形や石目を見極めながら彫り進めていく。石ごとに微妙な差異があるため、作業には慎重を期す。

 スマートフォンケースに硯と墨、筆が収まる新機軸の「スマホ硯」だ。携行に便利で、手軽に書を楽しめる。スマホ硯に付く筆は、高知市の書道具店『幽玄斎』の写経用。

職人歴6年の壹岐一也さん(43歳)。「別々に作る硯本体と蓋を調和させ、一体にするのが職人の技」と言う。

 奈良「墨運堂」の固形墨を添えてお届けする。

土佐硯加工製作所の外観。

作業風景。

AmazonPay

[三原硯石加工生産組合]
土佐硯 スマホ硯 30,800円

初回限定 10

【スマホ硯】
スマホケースは幅7.5×奥行き15×高さ1.5cm、硯は幅6.1×奥行き12×高さ0.8cm。総重量230g。
筆はイタチ毛、馬毛。スマートフォンケースは合成皮革、TPU。筆と墨が付属。
日本製(スマートフォンケースは中国製)。

■関連情報はこちら

文/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。