人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5Gの技術やインフラでリードする中国、5Gスマホの販売台数シェアは8割以上

2020.12.24

『5G』技術・通信基地では中国優勢

このところ米側のハイテク分野での対中強硬姿勢が目立っているが、これは中国の技術開発の早さに対する米側の警戒心の表れだろう。

三井住友DSアセットマネジメントのマーケットレポート「米中対立、『5G』技術で先行する中国、追う米国」を見ると、政府・企業間の調整等が難しい米国に比べ、国策として『5G』を進める中国が優勢な状況に。2020年末の世界の『5G』対応携帯の販売台数では、中国のシェアが80%強と見込まれており、突出している。

技術やインフラで先行する中国『5G』だが、半導体供給網の確立が課題に

世界のトップを走っているといわれる中国『5G』だが技術的には開発途上にあり、主要な技術のうち、ハンドセットや通信機器向けに必要とされる最先端のプロセス技術を用いた半導体については、外部調達しているのが現状。

しかし、外部調達先であるTSMCは、米国の対中制裁によって中国『5G』の中心企業であるファーウェイ向けの半導体供給を停止しており、ファーウェイ製品の競争力低下が予想される。

ファーウェイは、『5G』ではハンドセット・基地局向け機器でも世界のトップメーカーであり、同社の成長減速は中国『5G』開発の減速に直結する恐れがある。国内外からの優秀な人材の確保により、どの程度の期間で供給網を確立できるかがポイントとなりそうだ。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。