小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2030年までに世界トップを目指して米国を猛追する中国の「AI開発」最新事情

2020.12.24

2030年までに『AI』開発の世界トップを目指す中国

米中対立は今やメディアで取り上げられない日がないくらいに激化している。このところ米側のハイテク分野での対中強硬姿勢が目立っているが、これは中国の技術開発の早さに対する米側の警戒心の表れだろう。

三井住友DSアセットマネジメントのマーケットレポート「中国は『AI』開発でも米国に猛追」では、中国の台頭が目立ってきている技術分野に焦点を当て、シリーズとして現在の米中の開発状況を確認している。4回目となる今回は、「人工知能(『AI』)」。

中国では近年、国家戦略として『AI』開発にも力が注がれている。2017年に中国国務院が発表した「次世代『AI』発展計画」では、2020年までに世界水準に追いつき、2025年までに一部の『AI』の領域で、さらに2030年にはすべての『AI』の領域で世界のトップに立つ、という目標が示されている。

中国の規制緩和がポイント

2020年現在、基礎研究においては米国と中国の差はほとんどないと言われている。個⼈データ利⽤の制限の少なさが中国の『AI』研究の有利な点との指摘もあり、顔認証の『AI』システム開発などの⾯では中国の開発が米国に先⾏しているというのが一般的な見方だ。

一方で、デジタル化、クラウド化、センサー化については、中国企業は⽶国に大きな後れをとっていると言われている。また、中国では安全保障上の理由で規制がかけられる分野もあり、今後の競争上の足かせになるリスクも。今後、中国が規制緩和をどこまで許容するかが、競争上のポイントになると見られる。

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。