人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自由自在に伸縮!使い勝手のいいジャバラ型のインテリア雑貨5選

2020.12.27

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 どんな物事も初めから結果が分かっていればこれほど楽なことはない。しかし、世の中で初めから結果が分かっていることなど稀なもので、やってみると思っていたのと違った、途中で変更を余儀なくされた、ということの連続だ。今回紹介するジャバラ式の雑貨たちは、自由自在に伸び縮みしてくれることによってそんな予測不能な世の中で起こる不自由さを解消してくれる、とても有り難い存在と言える。

伸縮する長さで光量を調節 その1『Accordion Lamp』

『Accordion Lamp』は名前の通り、楽器のアコーディオンのような姿をしたランプだ。ジャバラ状になった高密度ポリエチレン繊維不織布を木のプレートが挟み込む構造になっており、このプレートを引き離すと光が点灯し、ジャバラの長さによって光量が調節できる仕組みになっている。プレート部分にはマグネットが内蔵されているので、木のプレート同士がくっつくように広げると円形のデザインのランプとして使用することもできる。また別の『Accordion Lamp』と接続することでより多様なデザインにすることも可能だ。

 給電方式はUSBケーブルによる充電で行う。充電時間は3~4時間で連続使用可能時間は約6~8時間とのこと。価格は税込7,480円で「Generate Design」のオンラインショップから購入することができる。

伸縮する長さで光量を調節 その2『Orilamp』

 実は先ほど紹介した『Accordion Lamp』と同様のコンセプトの製品というのは他にもある。この『Orilamp』もその1つで、クラウドファンディングサイト「Indigogo」で資金調達を実施していた製品だ。名前から察するに日本の「折り紙」にインスパイアされた製品のようで、デザインは先ほどの「Accordion Lamp」に類似しており、木のプレートで耐熱の-メックス紙のジャバラが挟まれている。光量を調節はジャバラの長さで行う他、スマートフォンの専用アプリでも行うことを想定していた点は先ほどの製品と異なる点だろうか。ただし、残念ながらこの製品は予定した資金調達を達成することができず製品化には至らず終了している。日本を中心にプロジェクトを実施すれば結果は違ったのかもしれない。

好きな長さでカットできる『蛇腹便箋レターセット』

『蛇腹便箋レターセット』は「クラフトデザインテクノロジー」がデザインし、東京・日本橋で200年以上の歴史を誇る「榛原」が製造するレターセットである。名前が示す通り便箋と封筒、それらを収めるカバーがセットになっている大変便利な製品であるが、特徴的なのは便箋がジャバラ状になっており、折り目に入った切れ目でカットすることができる点。これならば書いた長さに応じて便箋の長さを調節することができるので、無理に空白を埋めなくても済むので気持ち的にもとても優しい製品と言えるかもしれない。

カバーのカラーはダークグレー、ダークブラウン、グレーの3種類となっており、いずれも落ち着いた色合いでシックな雰囲気。便箋90枚と封筒10枚がセットになって価格は税抜1,000円。Amazonからも購入することができる。

広がる思考を制限しない『ZHABARA PAPER』

 元々想定していなかったことが思いがけず頭に浮かぶ。途端にそれに伴うアイデアが次々沸いてくる。そんな時に記録するノートがその妨げになってしまっては大きな損失だ。しかし、この『ZHABARA PAPER』ならそんな心配はないかもしれない。製本された一般的なノートと異なり、ジャバラ状になった用紙は折り目に入った切れ目でカットすることができるので、自分の思考が止まるところまで用紙を拡張していくことができる。アイデアを出す際の使用シーンも想定してのことか、用紙に印刷されているのも罫線ではなく等間隔にうたれたドットのみとなっている。100g 280円の量り売りと500シートと専用ボックスがセットになって5,600円の2パターンでの販売がされていたが、残念ながら現時点では販売されていないようだ。また再販される可能性もあるかもしれないので、気になった人は「THINK OF THINGS」のHPを引き続きチェックしてみるとよいだろう。

本の厚みや冊数には伸び縮みして対応「カール事務器/ブックエンド」

 改めて考えてみると、本というのはその大きさには一定の規格があるものの、厚みに関しては特段の決まりはない。文章の長さが本によって異なるので当たり前と言えばその通りなのだが、収納の観点ではこれは結構困りものである。本棚に収める際は隙間が空いてしまったり逆に入りきらない事態が生じるし、それはブックエンドでも同様だ。ブックエンドの場合、左右が独立したタイプのものであればこの心配はないかもしれないが、その場合は独立しているばかりに本の重さに負けてしまいブックエンドが倒れてしまうことがる。カール事務器から発売されているブックエンドはこうした悩みを解決してくれる製品だ。外側の2つのブックエンドと中2枚の仕切りがジャバラ式のパーツで接続されているため、本の厚みや冊数に応じてブックエンド全体の長さが伸び縮みする仕組みになっている。なお、最小幅は10.5㎝、最大幅は35㎝とのこと。

 カラーラインナップはホワイトとブラックと2種類。「DELFONICS」のウェブショップから購入することが可能だ。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。