人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2020年のチャンネル登録者数187万人で伸び率No.1!宅トレYouTubeチャンネル「Marina Takewaki」大人気の理由

2020.12.19

 コロナ禍で家時間が増え、運動不足に悩む多くの人々が活路を見出したのが、筋トレ・フィットネス系のYouTube。その中でも、驚異的なヒットを飛ばしたのが、動画クリエーター・竹脇まりなさんによるチャンネル「Marina Takewaki」だ。今ではYouTubeにとどまらず、テレビ番組出演やフォットネスブランドのプロデュースと、活躍の場を広げている彼女。その人気の秘密から、宅トレへの熱い思いまで、企画・プロデュースを手がけるご主人のダーウィンさんに話を伺った。

ステイホーム期間中に、登録者数が倍々に!

12月9日現在で、チャンネル登録者数は187万人!

 YouTubeチャンネル立ち上げのきっかけは、2018年の海外移住。元々は、アメリカ・ニューヨークでのライフスタイルを発信する内容でスタートした。フィットネス動画はそのコンテンツの中のひとつだったが、圧倒的に反響の多かった自宅でできるエクササイズ、いわゆる“宅トレ”に特化してみては? と提案したのが、ダーウィンさん。そこからは、彼が企画・プロデュースを手がけ、二人三脚での運営がスタートした。

 2020年1月に日本に帰国し、高知を拠点に活動をスタートして程なく、日本でも新型コロナウィルスが広がり、外出自粛要請から、緊急事態宣言へ。宅トレの需要が高まり、3月時点では25万人だったチャンネル登録者数は、4月に57万人、5月には105万人と、倍々に増えていき、一躍、超人気ユーチューバーへと駆け上がる。

サムネイルには「マンションOK!」「飛ばない」などの宅トレ特化型のキャッチが。

その人気は12月8日、AMPが発表した「2020年の一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング」の「芸能界やスポーツ界以外」、いわゆる一般人部門で活躍1位を獲得。ポルノグラフィティのハルイチ、多部未華子、いとうあさこ、RICACOなど芸能人のファンも多く、10月からはTBS『レッツ!美バディ!』のメイントレーナーに起用された。

Youtube 「2020年国内トップトレンド動画ランキング(音楽除く)」より

視聴者の声に耳を傾け、常に〝まり友 〟さんと共に

 世の中の流れが追い風になったとはいえ、フィットネスを発信しているYouTubeチャンネルが数ある中で、なぜ彼女がここまで多くの人に選ばれるのか? その理由は、視聴者のニーズに寄り添った構成と、まりなさん自身の圧倒的な共感力にあるようだ。

「常に視聴者の言葉には耳を傾けています。動画を見て共に体を動かしてくくださる方々を、私たちは“まり友”さんと呼んでいるのですが、みんなのコメントにはひとつひとつ目を通して、次の動画制作に生かしています」(ダーウィンさん)。

笑顔いっぱい、励ましの声かけもユーザーのモチベーションアップに繋がる

トレーニング動画以外にダイエットフードなどのコンテンツもup

『マンションでも下に響かないダンスエクササイズを作って欲しい!』『寝たまま簡単にできるエクササイズはない?』などの声を反映して、共に体を動かし、カメラの向こうのまり友さんたちを鼓舞しながら、終わったらカメラ越しにハイタッチ。時には、GRAYやポルノグラフィティといった人気バンドのヒット曲に合わせたフィットネスを盛り込むなど、親しみやすい内容で、不動の人気を勝ち取った。

ポルノグラフィティ・ハルイチがパーソナリティを務めるラジオ番組にもゲスト出演。

ミッションは、「宅トレを当たり前の世界に!」

ロゴTシャツやタオルなど、オリジナルアイテムも登場!

 テレビ出演や宅トレブランド「マリネス」のプロデュース、来年の書籍発売に向けての準備と、YouTubeにとどまらず走り続けるまりなさん。そこには、「宅トレを当たり前の世界にする!」というミッションへの強い思いがあるよう。

「性別や年齢でカテゴライズすることなく、より多くの人に宅トレの楽しさを知ってほしい。YouTubeはそのためのツールのひとつです。シニア層など、動画配信が身近でない人たちにも伝えていけるような方法も常に模索しています。マットを敷いた2畳足らずのスペースで、どれだけハッピーな宅トレの世界が作れるか、これからもチャレンジしていきたいですね」(ダーウィンさん)

 〝宅トレを通して、もっと自分を好きになる〟。
裏テーマにはそんな思いもあるという「Marina Takewaki」。音楽を口ずさみながら楽しげに体を動かす彼女のキラキラした笑顔が、これからも多くの人を宅トレに導くことだろう。

Marina Takewaki
1989年秋田県生まれ。会社員としてのキャリアの後、「好きなことを仕事にしたい!」と一念発起し、アメリカ留学。ヨガインストラクターの資格を取得し、フリーで活動を開始。2018年に開設したYouTubeチャンネルのフィットネス動画が、2020年に大ブレイク。現在はTBS系列のフィットネス番組『Let’s! 美バディ』にレギュラー出演するなど、多くのメディアで活躍する。

取材・文/坂本祥子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。