人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会いたくても会いに行けない今年のお正月、みんなはどう過ごす?

2020.12.19

帰省や旅行、初売りなど、長期休暇に伴い外出・遠出の絶好機となる年末年始だが、今年は例年通りというわけにもいかない。新型コロナウイルス感染拡大防止を鑑みた、新しい生活様式に則った過ごし方が求められる。

そんな2020年ー2021年の年末年始の過ごし方に関する意識調査がこのほど、全国1,000人の男女(20代~60代対象)を対象に、株式会社CONNECTITにより実施された。

2021年のお正月、年始は「自宅でゆっくり過ごす」と考えている方は59.3%

2020年のお正月/年始は、38.6%の方が「帰省」したと回答したが、2021年のお正月/年始は、「帰省」する予定と回答した方は13.6%に留まり、「自宅でゆっくり過ごす」予定と考えている方が59.3%と約6割の方が回答。コロナ禍における“おうち時間”の増加は年明け以降もしばらく続くと予想される。

Q. 2020年はどのように過ごされましたか。

Q.2021年はどのように過ごされる予定ですか。

2020年と2021年のお正月、年始の過ごし方に変化があると考えている方は66.2%

過半数以上の方が2020年と2021年のお正月、年始の過ごし方での変化があると感じており、その中の約7割が「新型コロナウイルス感染症による影響」と回答した。

Q.2020年と2021年のお正月、年始の過ごし方で変化はありますか。

Q.上記で「変化がある」「決めていないが変化があると思う」と答えたへの質問。なぜ変化があると感じますか。

66.3%が「年賀状」「SNS」を活用してご挨拶したいと考えている

帰省をする方が減少傾向にあることと比例して、「直接会う」と回答した方が減少傾向にある。

2021年のお正月/年始のご挨拶に「年賀状」を利用しようと考えている方が34.0%と、2020年の21.0%から増加傾向がみられた。コロナ禍というニューノーマル時代において、お正月・年始においてもコミュニケーション方法を変える方が多い傾向にあると考えられる。

Q.2020年はどのように年始のご挨拶をしましたか。

Q.2021年はどのように年始のご挨拶をする予定ですか。

<調査概要>
調査方法:Webアンケート
調査時期:2020年10月
実施対象者:全国20代~60代の男女
サンプル数:n=1,000

出典元:株式会社CONNECTIT
http://connectit.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。