小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

失敗は成功の元!?外気浴前に水風呂に上手に入る方法

2020.12.16

面倒なら飛ばし読みしていい途中経過!

 3回目にあえて完全に体を冷やしきってから外気浴することで、

「あ〜やっばり1回目2回目の方が気持ち良かった!」

 って自分の理論が正しいっていう確認をしてるんですよ。

 これ、あえな最後の3ラウンド目にやらなくてもいいんじゃないの? って思う人もいるかもしれない。最後はやっぱり気持ち良く締めたいんもんじゃないの? そう思う気持ちはもっともだ。

 でもね、あえて最後だけ不完全燃焼にしてサウナを後にすることによって、次回のサウナはもっと気持ち良くなってやろうっていう欲が出てくるんですよね。不完全燃焼っていっても、今まではそれで充分に気持ちいいと思っていた感覚だしね。

 まぁそんな気持ちはともかく、その日も3ラウンド目の水風呂でシッカリと完全に体を冷やした。で、ここで1〜2ラウンド目だったら、すぐさま外気浴にいくんだけど、オレは最終ラウンドの水風呂と外気浴(外気浴ではないただの休憩の時も)の間に水シャワーを挟むのね。

 これにはもちろん理由がある。水風呂って汗流さないで入る人もよくいるから、最終的に浴室から出る前には水シャワーを浴びて、他人の汗の混じってるかもしれない水風呂の水に浸された体を流しておきたいっていう感覚ってないすか? オレはある。

 なんで3年くらい前までは、最終ラウンドの流れは“サウナ室−水風呂−外気浴or休憩−水シャワー−体拭いて浴室から出る”って順番だった。

 でも最後の最後に体を拭くのがなんかイヤでね。あの〜風呂上がりに、浴室き出口前で濡れたタオルを搾り搾り体拭いてると、なんか休憩後の気持ち良さのダラーとした気持ち良さが覚めちゃうんですよね。オレ、タオル絞る時ってすごく全力込めて絞るクセがあるんで、その力入れる時に、なんか現実に戻される。

 そこで、水風呂から出たら、その直後に水シャワー浴びて、汗が混じってるだろう水を流しちゃう。で、その後にユックリ外気浴なり、休憩なりしてると、自然と体って乾くじゃない? 特にタオルをギュウギュウ絞って拭かなくても。

 するともうそのまんま体をわざわざ拭かないでスッと浴室から更衣室へ直行できる。この段取りに気付いてからは、最終ラウンドは必ずこういう風にしてるんだけど、その日、水風呂で完全に体を冷やした後に水シャワーを浴びたつもりが、なにを間違ったかぬるま湯しか出てこないシャワーを浴びちゃったの!

 それも一気に大量のぬるま湯がドッパ〜ンって、バケツをひっくり返したのか? ってくらいに一気に噴出するタイプのシャワーあるでしょ? アレアレ。普通のシャワーのぬるま湯だったら、すぐにシャワーを逃げりゃいいんだけど、アレで一気にぬるま湯を全身に浴びたもんだから、冷やした体がまたまた一気に中途半端な生温か状態になっちゃったんだよ。

 もう、計画丸潰れですよ。ところがぁぁぁぁ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。