人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マッチングアプリを利用している男性の5人に1人が「遊び相手探し」

2020.12.15

手軽に好みの異性と出会えるツールとして、すっかり市民権を得ているマッチングアプリ。一方、敷居の高いイメージを持たれがちな結婚相談所だが、実際のところ、意中の相手と出逢えるのはどちらなのだろうか?

そこで今回、オンライン結婚相談所『naco-do』は、全国の20~30代男女400人のマッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者を対象としたアンケート調査を実施した。

結婚相手探しで利用している方は、マッチングアプリより結婚相談所の方が3倍多い

調査では、マッチングアプリ利用者(N=100)と結婚相談所利用者(N=100)にそれぞれ、利用目的を尋ねた。

その結果、マッチングアプリを使って結婚相手探しをしている人が21.5%に対して、結婚相談所ユーザーは64.5%。結婚を目的に利用しているユーザーの数は3倍ほど差がある結果だった。結婚相談所の方が結婚を目的とした出会いをする上では適切だということが読み取れる。

男性マッチングアプリ利用者男性の5人に1人は「遊び相手探し」

また、男性マッチングアプリ利用者に利用目的を尋ねると、22%の5人に1人が「遊び相手探し」と回答した。「結婚相手探し」と回答した男性は12%にとどまり、男性で結婚を目的に利用しているマッチングアプリ利用者は多くないという結果が読み取れた。

そもそもマッチングアプリ利用者の5人に1人は、誰とも出会えていない

マッチングアプリ利用者にマッチングアプリを活用して出会った人数を尋ねると、19.5%の5人に1人が「誰とも出会えていない」と回答していた。マッチングアプリ利用してみたものの、誰とも出会えずにいる方が一定数いることが読み取れる。

僅差ながら、結婚相談所の方が結婚したいと思える人に出会えていた

マッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者の異性に出会った経験がある方に「出会った人と結婚したいと思ったか」を尋ねた。

その結果、結婚相談所利用者の36.1%、マッチングアプリ利用者の33.5%が「はい」と回答した。僅差だが、結婚相談所の方が結婚したいと思える人に出会えている割合が大きい結果だった。

【マッチングアプリ利用者(男性) 意見の一例】

・なかなかお相手がヒットせず、時間とお金だけがかかってしまいました。
・気に入った相手が居たとしてもなかなか会うまでに至らないので私には向いてないと思いました。
・1、男性の負担がやや大きいと感じる。2、実際にやり取りしているとお金目的が多く、真剣な出会いという点では期待が持てない。3、真剣な出会いを求めている人とやり取りできるようになるまでに、ポイント(お金)を多く使う必要があるように感じる。以上3点の理由で今後は使用しないと思う。

【マッチングアプリ利用者(女性) 意見の一例】

・遊び目的で登録している人が多かったからです。また、マッチングして実際に会った人も実は彼女が居たりしたのでもう使いたくないです。
・結婚を前提としたお付き合いを希望している人が少なくて、合わないなと感じたから。
・恋人探しや遊び相手を探している人が多く、結婚まで視野に入れているユーザーは少ない印象だったので、今後は使わないと思います。

【結婚相談所利用者(男性) 意見の一例】

・入会費や月額は少しお高めだが、真面目にやりとりしている人が非常に多く信頼できるので。
・婚活に対していろいろアドバイスを受けられるのでこれからも使いたいと思います。
・アプリは恋人探しメインですが、真剣に結婚を考えるのならば結婚相談所の方が頼りになるからです。

【結婚相談所利用者(女性) 意見の一例】
・アプリよりも信頼が厚いことと、見た目やプロフィールと実際のイメージに相違があまりないと感じるから。
・高額ですがお金さえ払えば、結婚を真剣に考えている人との出会いが提供されるので、私はとても良いと思います。
・仲人さんに相談できて独身証明書の提出も義務付けられているので安心感があります。

出典元:株式会社いろもの
https://iromono.co.jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。