小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

不用品が100万円のお宝に!?出張査定員が明かす大掃除シーズン出張買取のおトクな話

2020.12.15

今年も大掃除シーズンがやってきた。2020年はコロナ禍で外出自粛期間が長かったこともあって、家にモノがあふれて頭を抱えている人も少なくないだろう。

そんな大掃除シーズンの到来にちなんでこのほど、出張買取サービス「バイセル」を提供するBuySell Technologiesでは、出張査定を行うスタッフ200名を対象に、大掃除シーズンの出張査定にて印象に残っていることや、よくある事例についてインタビューを敢行した。今回は【3つのよくあるケース】に分けて紹介していく。

よくあるケース1:「えっ!こんなものが?!」ゴミ認定されていたモノが「その場で」おカネに

出張買取では査定員が顧客の自宅に訪れ、顧客と一緒にモノの整理をしながら「その場で」査定を行う。ときにはゴミ袋の中のモノや何気なく机に置いてあったモノが、その場で査定をすることで高値になるケースも少なくない。

左:使用済みの金歯。実は毎日のように買い取られる意外な品物。
右:刀剣は証明書付きのモノが多く、1本10万円を超えることも。

<査定員インタビュー>

査定員E:たまたま粗大ごみに出される直前のモノを見つけて査定したら、100万以上になったことがあります。顧客にとってはゴミだと思っていたモノが、意外にも高価であることは多いですね。

査定員N:特に押入れの中は高価なモノが出てくることが多いです。出てくるモノをその場で査定できるので、「モノの整理が捗る」と喜んでいただけます。

査定員O:会話をしながらモノの整理をすると、話が派生して思わぬところから高価なものが発掘されることもしばしば。お客様も「まさか売れると思っていなかった」とのことで、大変喜んでいただけました。

よくあるケース2:手放しにくいアレも、「買取」だから決断できる!

特にプレゼントや思い入れのあるモノは、手放すとしても「処分」は心苦しい……という事例が多いなか、査定員がモノの価値を判断し、処分ではなく「買取」をお願いすることで、「思い切ってモノの整理ができた」という顧客の声も多く寄せられている。

左:着物は、代々受け継がれたモノや購入時のエピソードなどの思い出の詰まった大切な品物であることが多い。
右:父親や旦那様が収集していた切手が大掃除で大量に出てくるというパターンはとても多く、総額100万円以上の買取になることも。

<査定員インタビュー>

査定員K:「手放すにはバチが当たりそうだが、ここ数年一度も使っていない」といったお品物が出てきたときは、残すor手放すの決断に大変悩まれるお客様が多いです。一方、「処分は心苦しいので、買取をしてもらえると嬉しい」といったお声をいただくことも多くあります。

査定員I:当初の査定希望品は時計だったのですが、お父様の趣味である古銭や切手の話で盛り上がり、庭の裏にある押入れを見てほしいとのことで行ったら、古銭が入ったダンボール10箱が出てきてびっくり。150万円ほどになりました。

よくあるケース3:処分がとにかく大変で面倒くさい。お値段つかなくていいから、とにかくまとめて処分したい

基本的に処分や片付けを目的とされる方が多い大掃除シーズンでの出張買取。一人では持ち運びが大変なモノや処分方法が煩雑なモノについては「おカネにならなくてもいいから、とにかく持っていってほしい」という声が顧客より多く寄せられる。

左:実家などでよく見る置物類。使い道がなく部屋の隅に置かれていたが、こちらで6万円の値がついた。
右:茶道具類も出張買取だからこそまとめて査定可能、総額で10万円を超えた。

<査定員インタビュー>

査定員A:「ひとりではモノの整理が進まない。出来るだけ物を減らしたい」「1円でもいいから引き取って」というご要望が多く家中を一緒に歩き回り、買える物をとにかく探すことも多々あります。
査定員S:「小さいサイズのお品物よりも、大型サイズのお品物や重たいお品物の整理をしてもらえるのが助かります」といったお声が多いです。

「思った以上にモノの整理が捗る!」今年の大掃除はコスパよく、+αでお小遣い稼ぎ

「効率的に掃除ができた」「身の回りがすっきりして肩の荷がおりた」‥…そんな声が多く寄せられる大掃除シーズンの出張買取サービス。大掃除シーズンだからこそ、出張買取の査定員が一役買えるポイントを紹介していく。

■(1)身の回りのモノの価値を「その場で」査定。顧客が気付いてない価値の再発見にも

出張買取では「その場で」査定を行うので、効率的に売れるモノ・売れないモノを明確に仕分けることができる。ふだんは滅多に使わず手放そうか迷っているモノでも、「価値」が分かることで使いみちが明確になるケースも多くある。

また、大量の小切手や着物、茶道具といった「一人では持ち運びが大変なモノ、処分方法が煩雑なモノ」もその場でまとめて査定することが可能だ。

■(2)迷いが晴れてこころスッキリ。査定員が大掃除の相談役(右腕)になる

出張査定では、時間の許す限り査定後の自宅整理をサポートしている。一緒に会話をしながらモノの整理を行うことで、思わぬところから価値あるお宝が出てきたり、処分方法を提案したり、なかには手放す前に「家族と相談すべき」モノとして顧客にアドバイスすることもしばしば。

「一人で掃除をするよりも、誰かと話しながら仕分けすることで、思い切りができる」「残すか手放すか、決める際に背中を押してくれる人がいて嬉しい」との声が多く寄せられている。

■(3)値段がつくモノ・つかないモノ、ワンストップで時短解消!不良品回収業者も手配してくれる

大掃除シーズンでの出張買取では、処分や片付けを目的としている方が多く、「おカネにならなくてもいいから、とにかく持っていってほしい・引き取って欲しい」という声が顧客より多く寄せらる。

バイセルでは、2020年より値段がつかず買取の難しいモノを不用品回収業者に連絡し引き取るサービスを実施しており、買取・処分を一括で行うことが可能だ。

出典元:株式会社BuySell Technologies
https://buysell-technologies.com/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。