人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コスパ最強?楽天モバイルなら月額600円弱で使えるOPPOの4眼レンズ搭載スマホ「A73」

2020.12.21

OPPOの最新スマートフォン「OPPO A73」は、スマートフォンではあまり見かけない独特の素材を使用したボディや、4眼レンズのアウトカメラを搭載しながら、約3万円と超手頃。

データ通信料1年間無料キャンペーンを行っている楽天モバイルでも取り扱われており、かかるのほぼ端末料金のみ。分割払いにすると24回払いで月1166円、48回払いだと月583円と激安でスマホが使えます。

とはいえ使い心地も大切。実機をガッツリ試してみました。

手触り抜群のレザー風ボディ&超薄型ボディ!

OPPO A73はボディの素材に特徴があります。背面には“レザー風”の樹脂を採用していてかなり独特な手触り。車のダッシュボードのような素材に近い印象です。

ディスプレイは6.44インチと、今どきの大画面スマホの平均レベルを実現。画面の占有率が90.7%とかなり高いので、画面いっぱいに動画やゲーム画面を表示することができます。

“1秒間に何回の画面タッチに反応するか”を意味する「タッチサンプリングレート」が、通常で135Hz、ゲームプレイ時には180Hzにまで対応しています。

これは、端末の価格を考えると相当な高性能で、応答速度が求められるFPSゲームやリズムゲームなどのプレイ時に優位に立てるかもしれません。

また、薄くて軽いというのも見逃せません。厚さは約7.45㎜の薄型で、カメラレンズ部分の突起部分も控えめなのがいいです。

質量は約162gで、画面サイズを考えるとかなりの軽量で、持ち運びも操作も快適です。

約3万円ながら4眼レンズ搭載!

背面カメラには、1600万画素メインカメラ・800万画素超広角カメラ・200万画素モノクロカメラ・200万画素ポートレートカメラの4眼カメラを搭載。レンズが多いときれいな写真が撮れる、というわけではありませんが、撮影パターンが増えるはずです。

撮影モードは夜景モードやポートレート撮影に加え、ISO値やシャッタースピードを好みに調整できる「エキスパート」モードや、スローモーション動画撮影などにも対応しています。

インカメラは、ナイトモードが追加されたほか、肌のトーンを上げたり、メイクを施したようにきれいな写真にできる「AIビューティー」機能も搭載されています。

通常撮影

ポートレート撮影

夜景モード

顔認証と指紋認証の両方に対応!

顔認証と指紋認証の両方が使用できます。指紋認証は、ディスプレイ下部に内蔵されているセンサーで行います。

コロナ禍の現状でマスクを手放せない中、指紋認証でロック解除が行えるのはやはり便利でした。

ミドルクラスとして十分なスペック

スマートフォンの処理性能に関わるCPUには、「Snapdragon 662」が採用されています。2020年から始まった5G通信サービスには対応していません。

メモリ容量は4GB、ストレージ容量は64GBとミドルレンジクラスには十分なスペックです。ネット閲覧や動画視聴は特別問題なく、快適に動作しました。

負荷の大きなFPSといったジャンルのゲームでは、多少もたつく印象もありましたが、こちらは、価格を考えれば妥協できるレベル。がっつりとゲームを楽しむというよりは、SNSやインターネット、動画視聴などを気軽に楽しみたいユーザーに適した端末といえます。

また、特徴的なのが「eSIM」に対応した点。契約するキャリアによっては、SIMカードを挿入しなくても、データ通信が行えるようになります。もちろん、物理SIMとの併用も可能で、2つの電話番号を1つのスマートフォンで併用することも可能です。

4000mAhのバッテリーは細かい設定が可能

バッテリーの容量は4000mAhと標準的ですが、「省エネモード」や「超省エネモード」に加え、ユーザーの睡眠時間を想定し、寝ている時間帯は低電力モードにしてくれる「スリープ待機最適化」という機能もあります。

使い方に合わせて、賢くバッテリーの減り方を調整できるので、外出時の電池切れの心配はあまりいらないでしょう。

4眼カメラや独特なボディを搭載して約3万円はバーゲンプライス!

独特なレザー風ボディに加え4眼カメラを搭載。顔認証と指紋認証の両方に対応するなど、使い勝手の良いOPPO A73。楽天モバイルに加え、MVNO各社、家電量販店やECサイトでも購入可能で、約3万円とかなりお買い得になっています。

OPPO A73詳細スペック

OS:ColorOS 7.2(based on Android 10)
CPU: Qualcomm Snapdragon 662
メモリ/ストレージ:4GB/64GB
ディスプレイ:6.44インチ有機EL 解像度 FHD+(2400×1080)、タッチサンプリングレート通常135Hz/ゲーム180Hz
アウトカメラ:1600万画素メイン F値2.2、800万画素超広角 F値2.2 画角119°、200万画素モノクロ F値2.4、200万画素ポートレート F値2.4
インカメラ:1600万画素 F値2.2
バッテリー:4000mAh
生体認証:ディスプレイ指紋認証、顔認証
その他:おサイフケータイ機能非対応、防水防塵機能非搭載

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。